お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

アミノ酸とタンパク質 必須アミノ酸は食事などで補給する

アミノ酸という栄養素は人体の基本となる物質で、これが複数集まると体中に3万種類以上あると言われるタンパク質になります。

また、アミノ酸はビタミンB₃ やホルモン、酵素の原料にもなります。

アミノ酸は全部で20種類ありますが、そのうち以下の9種類は必須アミノ酸といって、必ず食事などで補給しなければいけません。

必須アミノ酸は、トリプトファン、フェニルアラニン、メチオニン、イソロイシン、ロイシン、バリン、スレオニン、リジン、ヒスチジンです。

この必須アミノ酸がひとつでも不足すると、タンパク質は合成できません。

必須アミノ酸がそろっている割合をアミノ酸スコア、またはプロティンスコアと言いますが、これが高得点の食品は卵や魚などに多く、次に肉類、その次に野菜・穀物・豆類などの順です。

つまり、人に近い動物性の食品ほど人が必要とするアミノ酸が多いのです。

現在の日本人の主食である白米は、リジンとスレオニンが足りないので、リジンとスレオニンを多く含む魚類をおかずに食べるのが、組み合わせとしては理想です。

リジンとスレオニンを多く含む食品は、かつお、いわし、あじ、かじき、はも、かます、あゆ、ぎんだら、まぐろ、かれい、さんま、鮭、さわら、ぶり、うなぎ、さば、めばる、金目鯛、たら、ひらめ、そして豚肉、鶏むね肉などです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝