お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガン予防に必要なビタミンとは?

ガン予防の観点から必要なビタミンを重要な順に列記しますと、

1.ビタミンB₁₂
2.葉酸
3.ビタミンB₆
4.ビタミンD(D₃)
5.ビタミンC
6.ビタミンA(ベータカロチン)
7.ビタミンE
8.ビタミンB₃
9.ビタミンB₁
10.パントテン酸
11.ビタミンB₂

ビタミンB₁₂

なぜビタミンB₁₂ が筆頭に来ているか、不思議に思われた方も多いでしょうが、ビタミンB₁₂ は欠乏症の人が大変多く(米国では約4分の1の人が欠乏症、特に菜食主義者に多い)、この欠乏症が他の病気と誤診されているケースが大変多いからで、また細胞分裂時のDNAの保護に最大と言っていいほど大きな影響を与えるからです。

このビタミンB₁₂は細胞分裂時のDNA保護の効果から異常な細胞やガン細胞の発生を抑えます。

その上に免疫細胞の強化、増殖に大きく寄与するためガン予防に2重、3重の役割を果たします。

葉酸

葉酸はビタミンB₁₂に助けられ正しいDNAの複製に寄与し、異常な細胞や奇形の発生を防ぐ効果があります。

しかしながら、ビタミンB₁₂が無いと葉酸は十分にその効果を発揮できません。

妊娠中の女性には(細胞分裂が大変活発な)胎児のために葉酸を摂ることが標準的に指導されていますが、ビタミンB₁₂を加えていないことは全くの片手落ちです。

ビタミンB₆

ビタミンB₆ も葉酸やビタミンB₁₂ に準じて正常な細胞分裂に寄与していますので一緒に摂るべきです。

ビタミンD(D₃)

昔から米国では東北部にガン患者が多く、晴天の多い西南部ではガンが少ないことが分かっていました。

また夜勤を続ける人には昼間勤務の人よりガンの発生が多くなっています。

これらは日光に当たる時間が多いことで、ビタミンDが皮膚で作られ、このビタミンDがガンを防止するのだということがほぼ明白になっています。

またビタミンDは免疫を正常化や強化して、ガンのみならず、自己免疫疾患(アトピー、喘息、一部のリューマチなど)を含めた多くの疾病に効果があることが分かっています。

最近は日光による皮膚の老化促進が一般的な知識になった為、日本では特にビタミンD欠乏症の人が増えているようです。

日光浴をあまりしないのであれば、サプリメントで十分な量(2000IU以上)を摂ることが必要です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝