お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンは体外から摂取する必要のある栄養素

ビタミンは体の中で作れないため、必ず食事などにより体外から摂取する必要のある栄養素です。

ビタミンには、脂に溶けて体内の脂肪に貯蔵される脂溶性ビタミン(A、D、E、K)と、水に溶けて血液中をめぐり細胞内に取り込まれる水溶性ビタミン(C、B群、葉酸、ビオチン)があります。

ビタミンはタンパク質、脂質、糖質の生成や変換、分解をするのに必要で、主に酵素を助ける補酵素として働きます。

また、ビタミン様物質は、ビタミンに類似した働きをする栄養素で、体内で合成できるものや、特に摂取の必要性がないものを言います。

「水溶性ビタミンとビタミン様物質」、「脂溶性ビタミンとビタミン様物質」を下記にまとめました。

水溶性ビタミンとビタミン様物質(※)

ビタミンC (アスコルビン酸とも言う)
ビタミンB₁ (チアミンとも言う)
ビタミンB₂ (リボフラビンとも言う)
ビタミンB₃ (ニコチン酸・ナイアシンとも言う)
ビタミンB₅ (パントテン酸とも言う)
ビタミンB₆ (ピリドキシンとも言う)
ビタミンB₁₂ (シアノコバラミンとも言う)
葉酸 (ビタミンB₉ ・ホラシンとも言う)
ビオチン (ビタミンHとも言う)
コリン(※)(レシチンの材料)
イノシトール(※)(レシチンの材料)

脂溶性ビタミンとビタミン様物質(※)

ビタミンA (レチノールとも言う)
ビタミンD (カルシフェロールとも言う)
ビタミンE (トコフェロールとも言う)
ビタミンK (フィロキノンとも言う)
コエンザイムQ₁₀ (※)(ユビキノン、コエンチームQとも言う)
ビタミンU (※)(キャベジンとも言う)
レシチン (※)(元々はリン脂質の1つホスファチジルコリンを指したが、現在はリン脂質全般を指す。原料によって大豆レシチン、卵黄レシチンに分かれる)

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝