お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

人の体はミネラルと有機物で維持されている

人も地球も宇宙もみんなミネラルで出来ています。

そして、生命体はほとんど有機物という物質で出来ています。

有機物とは、炭素というミネラルを含む物質のことです。

たとえば、人間の体の大部分を占める水(H₂O)は、水素と酸素だけで出来ていて、炭素を含まないので有機物ではありません。

人間の体には、酸素(O)が65%、炭素(C)が18%、水素(H)が10%、窒素(N)が3%あります。

人間は96%を占めるこの主要な4つのミネラルと、残り4%を占める100種類以上ものミネラルとで構成されています。

そして、この主要な4つのミネラルがいろいろな形に組み合わされてタンパク質、ビタミン、脂質、炭水化物という有機物や水を形づくっています。

人間の体内は これらの有機物と、有機物と協力して働く100種類近くのミネラルとで生活活動を行なっているのです。

ところで、水は非常に不思議な物質で、いろいろなミネラルやミネラル化合物を溶かし込んでいて、様々な活動を行なう生命活動の場となっています。

地球に水という舞台が無かったら、生命は誕生しなかったと言われています。

そして、水にミネラルが溶けていなければ、やはり生命は誕生しませんし、何の活動も行われません。

水は単なる舞台なので、純粋なH₂Oでは電気は流れません。

水の中で電気を流しているのは、水の中に溶けている様々なミネラルなのです。

ミネラルが全く溶けていない純粋な水を一定期間飲み続けると、体の中のミネラルバランスが狂って、人は健康を害します。

つまり人体が欲しているのは、ただの水ではなく様々なミネラルが溶けている水なのです。

人は純水では生きていけないのです。

こうして見ると、全てを作っているミネラルという物質が、如何に重要な物質かが良く分かります。

このようにミネラル、特に量が測れない微量ミネラルの摂取は非常に重要なので、日常的なミネラルの補給を推奨します。

最近は、水道水にミネラルを添加するだけで、多種類の微量ミネラルをバランスよく補給できる家庭用のミネラルウォーターサーバーも発売されています。

こうしたウォーターサーバーなら重たいボトルを運んだり、かさばるボトルを保管するスペースも必要ないので、手軽に必要な微量ミネラルを補給できてお勧めです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝