お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

インスリン強化療法(ブドウ糖またはビタミンCとB₁₇療法を併用)

高濃度ビタミンC点滴療法と似ていますが、それよりも もっと即効性を期待できるガン治療法です。

特に、ガンの代替医療で非常に治癒率が高いことで世界的に有名なメキシコのティファナの多くの病院やクリニックで行われています。

この治療法の基本的な仕組みは、ガン細胞が正常細胞よりも数倍ブドウ糖を取り込む能力が高いという特性を利用して、ガンを縮小または消失させる治療法です。

朝食など食事を抜いて低血糖状態にし、ガン細胞を飢餓状態にさせます。

そして、ガン細胞のエサであるブドウ糖とともに、ガン細胞にとっての毒物であるビタミンB₁₇(アミグダリン)や少量の抗ガン剤などを同時に摂取させて、ガン細胞を自殺させる治療法です。

またブドウ糖のかわりに、構造がブドウ糖に非常に良く似たビタミンCを点滴してガン細胞に取り込ませることも行なわれます。

ビタミンB₁₇そのものには毒性はなく、ガン細胞だけが出す酵素によって分解されることで、ベンズアルデヒドとシアン化水素になります。

シアン化水素は毒物なので、ガン細胞は死滅します。

しかし、正常細胞にはビタミンB₁₇を分解する酵素がないため、問題とはなりません。

ただし この治療法は、ガン細胞を殺し過ぎることによる副作用である腫瘍崩壊症候群を発症する可能性があるため、注意する必要があります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝