お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

体内環境を良好に保てばガンは防げる

ガン治療で有名なゲルソンクリニックは、メキシコ、ティファナ市の南にあります。

ゲルソンクリニックの創始者である故マックスゲルソン博士は1930年当時、不治の病であった結核患者450人の殆どを栄養だけで完治させましたが、まったく同じ方法で、末期ガン患者も6割以上治しています。(ちなみに西洋医療の標準治療では第4期『末期』のガン患者の5年生存率は現在でもほぼゼロに近く3%未満にとどまっています。)

この治療実績が驚くべきこととして話題となり、米国上院の諮問委員会に招かれた際に「ガンは他の病気と同様で、体内環境の悪化によって出来るのです。体全体の代謝機能が低下し肝臓やその他の重要な臓器がダメージを受けた結果として出来る病気で、ガン以外の病気も皆同じく、内臓のダメージが原因で起きるのです。」と証言をされたということです。

逆を言えば、「体内環境を良好に保てばガンは出来ない!全ての病気も防げる!」ということをゲルソン博士は言っているのです。

では、「どうしたらガンが予防できるか」について主に栄養とサプリメントの観点から考えてみたいと思います。

ゲルソン博士の言う「良好な体内環境」とは何でしょう?

それは端的にいえば、「良い栄養と酸素が十分にいきわたっている」ということ、それから「糖も含めた毒が無い、または十分に少ないこと」だといえそうです。

酸素が来ない内臓ではガン細胞が発生しやすく、「細胞を35%以上の酸欠に追い込むと100%ガン化します。」と発表したオットーワールブルグ博士のノーベル賞受賞研究結果のように酸欠状態にするとほぼ全ての細胞がガンになってしまいます。

逆に酸素と血流が十分な臓器である心臓にはガンは発生しません。(心臓ガンって聞いたことはありませんよね?)

ですから、体の隅々まで栄養と酸素が行き渡るように血行を良くすることはガンの予防に大変有効なことなのです。

もうひとつ酸素について重要なのは、細胞は血液が近くまで酸素を運んできてくれても、それを取り入れる力や体制ができていなければ、酸素や栄養を取り入れられず、酸欠や栄養失調になるのです。

細胞を囲む細胞膜は、ほぼ全てがリン脂質で出来ていますが、細胞膜におかしな油(トランス脂肪や酸化脂肪酸)が入ると硬直した細胞膜となり、柔軟に栄養や酸素を取り入れられなくなるのです。

このため、この細胞膜を柔軟に保ってくれるオメガ3脂肪(魚油に多く含まれるDHA、EPAなど)やオメガ9脂肪(オリーブ油に多い)が重要で、実際にEPAやDHAがガンの発生や増殖を妨げることが実験で確認されています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝