お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

抗ガン剤治療について

放射線の専門医でベストセラー「患者よ、ガンと闘うな」を書いた慶応義塾大学病院の近藤誠先生は「抗ガン剤は効かない」と世間に向けてはっきり主張しています。

私たちは、抗ガン剤に多少の縮小効果があることは知っていますし、白血病や悪性リンパ腫など一部の血液ガンなどに対して それなりに効果があることも知っています。

それでも、多くの固形ガン(白血病のような血液のガンを除くガン)に対する抗がん剤の延命効果については極めて否定的です。

また、抗ガン剤でガンが完治することは奇跡的な確率しかないことも知っていますので、長期的に抗ガン剤投与をすることには反対です。

抗ガン剤を多量に使用することによる腫瘍縮小効果というメリットよりも、患者さんの体力や免疫力、自然治癒力が大幅に低下することによる感染症や臓器不全に対するリスクの増大というデメリットのほうが大きいと考えています。

そして、多くの医師は抗ガン剤はガン治療の最後の砦だと考えているため、抗ガン剤で出来るだけ多くのガンを殺さないと、ガンが再発する可能性が上がると考えています。

これは繰り返し述べているように、一般の病院では「代替療法による対症療法」や「原因療法」という治療法について詳しく知らない医師が多いため、実際には この段階でも治療法は多数あるのに、「抗ガン剤でダメなら治療法はもう他にはない」と思ってしまうからです。

ところが皮肉なことに、良かれと思って大量に投与した抗ガン剤によって、投与すればするほどガンが増えることが、NCIの報告やOTAのレポートから分かっています。

また、ひどい副作用によって患者さんの体力や免疫力、自然治癒力が急激に落ちていくため、その後、標準治療では治療法が無くなってしまいます。

そして、いわゆるガン難民と化した患者さんが、やっと有効な代替療法と巡り合ったときには、体力も免疫力も自然治癒力も大幅に低下していて、治療効果がなかなか上がらないケースが多いという事態に繋がっているのです。

私たちは、抗ガン剤治療に全く効果がないとは考えていませんが、腫瘍縮小効果についても非常に限定的で、副作用が非常に大きいのでお勧めしません。

また、抗ガン剤治療は対症療法であるため、これだけでガンになった原因そのものが消えることはありません。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝