お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

放射線治療(およびガンマナイフ、フォーカルユニット、重粒子線治療、陽子線治療など)

放射線治療は、手術に比べて新しい治療法です。

そのため当初は かなり期待されていましたが、生体組織へのダメージが非常に大きく、特に免疫力や自然治癒力の低下が、場合によっては手術以上にあることが分かってきました。

また、ガン細胞の中は酸素が少なく、X線やガンマ線といった一般的な放射線治療は効きにくいことも分かってきました。

その意味では手術同様、放射線治療も生活の質、メリットとデメリットをよく考えてから受ける必要があります。

特に食道ガンや喉頭ガンなど消化器系のガンの場合、放射線治療によって正常細胞を多量に焼いてしまい、食事をするのに障害が出るケースが多く見られます。

それが、生命にも影響するような場合もあるので注意が必要です。

出来る限り正常組織への被害が最小限で済むように、回数を少なくすることをお勧めします。

ただし、外科医が縮小手術よりも拡大手術を勧めるのと同様に、放射線科の医師も放射線の回数を少なくすることを、あまり快く思わないケースが多くあります。

これは放射線科の医師も「ガンは一度なったら治らない」と考えているからです。

そのため、放射線を十分に当てて、ガン細胞と周囲の組織やリンパ節までを焼いておかないと、再発する可能性が上がると考えているのです。

尚、放射線治療には その進化形として、正常組織に対するダメージを抑えたガンマナイフ、三次元ピンポイント放射線療法(フォーカルユニット)、小線源放射線治療(ブラキセラピーまたはブラキテラピー)、最先端治療の部類に属する重粒子線治療、陽子線治療などもあります。

これらの最先端の治療法は、正常組織に対するダメージが多少小さくなりますが、基本的な発想と仕組みは放射線と同じで、対症療法である点は変わりません。

つまり、これらの最先端治療でガンが小さくなったり消えたりしたとしても、その後、それまでの生活習慣を改善しなければ、再発する可能性が高いのは手術後と同じです。

また、通常の放射線治療よりは程度が軽いようですが、患者さんの体力や免疫力、自然治癒力よりはダメージが少ないからといって過信は禁物です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝