お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガンの進行度(ステージ)4期(転移ガン)とは?

原発巣と近くのリンパ節、遠くのリンパ節、さらには他の臓器にまでガンが転移した状態です。

この状態で発見されたガンは、通常かなり治癒率が下がります。

一般的な病院では、この段階になると「手術も放射線治療も出来ない」と言われます。

残る標準治療は抗ガン剤治療だけですが、これも既に時期が遅く効果が少ないため、出来ないと言われる場合が多くなります。

しかも3期の段階でも述べたとおり、抗ガン剤は水溶性の薬剤なので脂の期間であるリンパ節には まず届かず、効果がほぼ望めないのです。

そして、患者さんの気力と体力、免疫力と自然治癒力を大幅に下げてしまうので、私たちはお勧めしません。

つまり一般的な病院では既に治療法が無いため、この段階で一般的な病院での治療を望むと、いわゆる「ガン難民」という状態になります。

しかし、この段階からでもガンは正常細胞に逆戻りする可能性があります。

実際に医療機関で「奇跡的」と表現されるような生還を果たしたケースは、数多く存在します。

ただし、この段階ではガンが かなり大きくなっているので楽観視は出来ません。

そのためガンの進行を止め、またガンを縮小させるために副作用がほとんどない代替医療による対症療法が必須です。

そして併用療法として、原因療法を同時に始めることも必須です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝