お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガンの進行度(ステージ)3期(進行ガン)とは?

原発巣と近くのリンパ節、さらに遠くのリンパ節までガンが転移した状態です。

この状態で発見されたガンは、通常約6割近くが5年以上生存することが可能とされています。

この段階で標準治療を選択した場合、治療後の後遺症がかなり大きく、場合によっては生活に支障が出る場合があるので注意が必要です。

一般的な病院では、この段階になると「手術はできない」「放射線治療もできない」と言われる場合が多くなります。

したがって、残る標準治療は抗ガン剤治療だけになります。

抗ガン剤治療はガンの縮小のみを目指す対症療法で、しかも水溶性の薬剤のため、ほとんど脂で出来ているリンパ節には効果が ほぼないことが分かっています。

また抗ガン剤治療は、その副作用によって患者さんの気力と体力、免疫力と自然治癒力を大幅に下げてしまい、感染病や臓器の障害に対するリスクを増大させてしまうため、私たちはお勧めしません。

尚この段階でもガンは多くの場合、原因療法で正常細胞に逆戻りします。

そこで、放置療法をお勧めします。

ただし、この段階ではガンが相当大きくなっているので、まずガンの進行を止めるために、または縮小させるために副作用のほとんどない代替医療による対症療法が必要な場合が多いです。

そして、原因療法で根本的な解決を図ることが必須です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝