お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガンの進行度(ステージ)1期(早期ガン)とは?

原発巣(げんぱつそう)といって、最初にガンが発症したとされる部位や器官だけにガンが存在する状態です。

この段階で発見されたガンは、部位にもよりますが、標準治療で9割近くが5年以上生存するとされています。

一般的な病院では、この段階だと手術か放射線治療を勧めます。

また、手術後および放射線治療後に、抗ガン剤治療の併用を勧める場合があります。

手術と放射線治療は生体を切り取ったり、焼いたりするため、患者さんの体力と免疫力と自然治癒力を大幅に下げるデメリットがあります。

手術や放射線の範囲を出来るだけ小さくして、生体へのダメージを最小にすべきです。

そして、そうした副作用を考慮しても大幅にメリットが勝っている場合にのみ、選択肢として考慮すべきだと思います。

抗ガン剤治療は、体力と免疫力と自然治癒力を大幅に下げて、しかもメリットがほとんどないのでお勧めしません。

この段階のガンは、生活習慣や周囲の環境次第で正常細胞へ逆戻りしたり、消える例が多いので、私たちは検査だけして様子を見る「放置療法」をお勧めします。

そして、第3章以降で説明する原因療法は、再発防止の観点からも必須です。

進行が早いガンの場合には進行を止めるために、また縮小させるために代替医療による対症療法が必要な場合もあります。

代替医療による対症療法や原因療法の場合、三大療法と違って体に対するダメージが非常に少なく(または皆無で)、ガンに対抗する免疫力や自然治癒力を上げることも多いため、闘病中やその後の生活の質が大幅に違ってくるからです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝