お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

注意が必要な腫瘍崩壊症候群

ガン治療を行なう際に留意すべきリスクとして、「腫瘍崩壊症候群」という緊急事態について説明しておきます。

手術以外の「対症療法」や「温熱療法」「栄養療法」などの治療法をした場合、体内でガン細胞が大量に死滅することによって、リスクが生じることがあります。

こうしたリスクは従来、小児ガンや血液の悪性疾患を診察する医師が最も留意すべき緊急事態とされていました。

ところが、ガンに対する治療効果が上がってきた結果、最近では成人のガンでも起こることがあるので注意が必要です。

標準治療では、放射線治療や抗ガン剤治療で起こることがあります。

また、効果的な対症療法や温熱療法の場合にも留意すべきポイントとなります。

腫瘍崩壊症候群が起こる原因は、ガン細胞を殺し過ぎることです。

つまり、効果的なガン治療であればあるほどガン細胞が多量に死滅するため、腫瘍崩壊症候群が起こりやすくなります。

そのため昨今のガン治療では、ガン治療の効果をコントロールし、一度に大量にガン細胞を殺し過ぎない治療を行なうことが重要となってきています。

ガン細胞を殺し過ぎることによる副作用である腫瘍崩壊症候群では、以下のような状態になります。

一度に大量のガン細胞を破壊すると、ガン細胞中に存在する成分が血液中に大量に放出されて、血中のリンやカルシウムや尿酸などが非常に高い値になります。

そのため重篤な症状を引き起こし、最悪の場合は死にいたる可能性もあります。

治療効果の高いガン治療を行なう場合には注意が必要です。

なかでも血液中に大量のガン細胞がある場合(白血病・悪性リンパ腫など)、腹水・胸水がある場合、治療前に腎疾患がある場合、血清中の尿酸値やリン酸値が高い場合などは、特にこの症候群に注意すべきです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝