お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガンの治療法に見られる問題点

3期~4期で進行が早いガンの場合、即効性のある対症療法を用いて、ガンの進行を止めなければいけない場合もあります。

ただし対症療法を選択するときは、私たちが常々心配していることが起きる可能性があります。

対症療法には現在、標準治療とされているガンの三大治療法(手術・放射線・抗ガン剤)も含まれます。

三大治療法は「切る・焼く・殺す」という過激な方法を用いて、とにかくガンを無くすことを優先します。

そのため、患者さんの体力や免疫力、自然治癒力の大幅な低下という重大な副作用に対して、あまりに配慮が足りないことが多く見られます。

この体力と免疫力と自然治癒力を大幅に下げる治療法が、日本中でガン治療の標準となっていることも大きな問題ですが、それ以外にも問題点があります。

一般の病院に勤務する医師は、卒業した医学部で「一度ガンになった細胞や腫瘍は正常細胞に逆戻りすることはない」という医学常識を教えられてきました。

そのため、「環境に対応してガン細胞は正常細胞に逆戻りする」という最新の学説に基づく「原因療法」について詳しく知らない医師が多く、基本的にガン治療は「切る・焼く・殺す」の三大治療しかないと考えています。

しかし、多くのガンは生活習慣や周囲の環境次第で、正常細胞に逆戻りすることが多いのです。

実際に4期の転移ガンでさえ、正常細胞に逆戻りした結果、消える例が増えてきています。

つまり、医学部での講義と現実は違ってきているのです。

そこで、この章ではガンの標準治療である三大治療と、それに代わる多くの対症療法に関して、その効果と副作用を示しますので、ガンを抑えるための「対症療法」選択の基準としてください。

あなたのガンを治すのは、あなたの決定以外にありません。

効果と副作用を秤(はかり)にかけて、あなたのためのガン治療の方法を決定してください。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝