お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガンは不老不死が起こらないようにするプログラムの一部なのかも

いくら早期発見や早期治療をしても死亡率に改善が認められないガンは実に不思議な病気です。

過去50年間で、死亡率がほとんど変わっていません(上図参照)。

胃ガン、肺ガンなど個々のガンによる死亡率は この間に大きく減ったり増えたりしていますが全てのガンを合わせた死亡率がほとんど変わっていないのです。
 
もう1つは、世界中どの国でも、ガン死亡率が同じくらいになっていることです。

先進国だけで比べてみると最も多い英国が人口10万人当たり222人で、最も少ない日本で179人です。

その差は19%ほど。これはガン以外の病気では見られない特徴です。
 
最近、ガンに関する様々な疑問を解いてくれる大きな発見がありました。

普通のガン細胞の他に、ガンの元凶となる細胞が発見されたことです。

「ガン幹(かん)細胞」と呼ばれ、白血病、大腸ガン、肺ガン、乳ガンなど ほとんどのガンで見つかっています。
 
ガン幹細胞の特徴の1つは、周りが親衛隊のような細胞で囲まれ、外敵から守られていることです。

あるときは親衛隊細胞から信号を受けて分裂したり、またあるときは冬眠状態となったりします。

「ニッチ」と呼ばれるこの構造は、異物をはねのける働きもしているため、抗ガン剤が効きません。
 
ヒトがガンで死亡する場合、ほとんどは転移によるものですが、その主役となるのもガン幹細胞です。

治療によって治ったように見えていながら、あとで再発することもありますが、これも親衛隊に守られたガン幹細胞が、転移した先で生き残るからです。
 
このように、ガンにまつわる疑問の多くが、ガン幹細胞の発見によって説明できることになりました。

では、ガン幹細胞はどこで、どのようにして発生するのでしょうか。
 
発ガンには2つのメカニズムが考えられています。

そのひとつは「フリーラジカル」によるものです。

紫外線、放射線、医療用レントゲン、タバコの煙、車の排気ガス、抗ガン剤などの強い刺激によって、人体を構成する原子や分子が傷つき、フリーラジカルと呼ばれる状態になります。

フリーラジカルは、自身の傷を修復するために、周囲にある原子や分子からパーツを奪い取る反応を起こします。

この反応が、あたかも「報復の連鎖」のごとく次々に広がっていき、やがてDNAを傷つけるようになります。

もう1つは、細胞が分裂する際にDNAの複製がつくられるのですが、そのとき、まれにコピーミス、つまりDNAの損傷が生じることです。

細胞が繰り返し破壊されるような状況になると、コピーミスが発生する頻度も高まります。

ところで、ヒトの体はときどき細胞を分裂させることで若さを保つように出来ています。

DNAには、細胞分裂を促すアクセルのような働きを担う部位と、逆に分裂にブレーキをかける部位とがあり、ほどほどにバランスが保たれています。

前者は「ガン遺伝子」、また後者は「ガン抑制遺伝子」とも呼ばれます。
 
DNAの損傷が、たまたまガン遺伝子を活性化したり、ガン抑制遺伝子を抑制したりする部位に起こると、その細胞はブレーキの壊れた自動車のごとく、限りなく細胞分裂を繰り返す性質を身につけ、ガン幹細胞となってしまいます(下図参照)。

ガンができるメカニズム

ガン幹細胞になりやすい細胞が最初から存在しているのか、あるとすればどこなのかなど詳しいことはまだわかっていません。
 
一方、ヒトの体には、フリーラジカルを消去する仕組みや、損傷したDNAを自動的に修復する酵素などがあり、さらにガン化した細胞を破壊する免疫システムもあるなど、万全のセイフティーネットが備わっています。

そのため1個の細胞がガン化して生き残る可能性は限りなくゼロに近く、あったとしても奇跡的な出来事です。
 
しかし体内には37兆個もの細胞があります。

そのなかの1個がガン幹細胞として生き残る確率は結構高く、悪性腫瘍(ガン)がありふれた病気となっているのも道理なのです。

ただし、成長したガンには「何もしなくても自然に治るもの」と「何をしても助からないもの」とがあり、どちらになるかは、どこかの段階で運命的に決まるようです。
 
ヒトは悠久の時の流れの中で、世代交代によって地球環境の激変に合わせた進化を遂げてきました。

つまり私たちの体は死ぬことで子孫を守るようにプログラムされています。

もしかするとガン幹細胞の発生も「あってはならない不老不死」が起こらないようにするプログラムの一部なのかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝