お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類される

不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類され、それぞれに異なる特徴があります。

まず、「一価不飽和脂肪酸」は、血中コレステロールを下げたり、便秘改善効果があるほか、酸化しにくいのが特徴です。

オレイン酸がその代表で、オリーブ油、キャノーラ油(ナタネ油の一種)がこれに含まれます。

それに対して「多価不飽和脂肪酸」は、リノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)などです。

そのうちα-リノレン酸は、シソ油、えごま油に多く含まれ、DHAやEPAは、マグロ、イワシ、サンマ、ウナギなどに含まれています。

なかでもDHAやEPAは、悪玉コレステロールを減らし、脳の機能を高めたり認知症予防効果など、様々な健康効果が期待される注目成分です。

積極的に摂ることが推奨されていますが、酸化しやすいのが難点です。

魚介類を調理するときは、新鮮なものを選びことがポイントです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝