お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ヘモグロビンが正常値で貧血の症状もない人でもフェリチン不足で鬱や睡眠障害に

フェリチン

女性の不定愁訴の原因には、鉄欠乏性貧血が多くあります。

貯蔵鉄は欠乏しているのに、ヘモグロビンの値が正常なことも多く、この場合一般の血液検査では貧血を発見するのが困難です。

患者さんは、貧血とは診断されないのに体調は悪く、薬も処方できないという状態になってしまいます。

閉経前の女性の不調の原因の多くに、鉄の不足があります。

鉄の不足によって起こりえる症状としては、

・疲れやすい     ・寝起きが悪い
・風邪をひきやすい  ・むくみがある
・便秘や下痢     ・食欲不振
・吐き気がする    ・動悸、息切れ
・胸が痛む      ・頭痛、頭重
・冷え性       ・月経の異常
・神経過敏      ・注意力低下、イライラ
・髪が抜けやすい   ・歯茎の出血
・アザが良くできる  ・湿疹ができやすい
・顔色が悪い     ・のどの不快感
・立ちくらみ、めまい、耳鳴り
・肩こり、腰痛、背中の痛み

など、多彩なものがあります。

根本的な原因が鉄欠乏にあることを見落として、これらの症状に対応する医薬品を処方しても、なかなか改善は見られず、患者さんは「不定愁訴」と扱われてしまい、辛い症状が継続することになります。

鉄の不足によって、これほど様々な症状が起こるのは、

「①鉄が赤血球の重要な構成要素として酸素の運搬に関わっている」

「②ミトコンドリア内でシトクローム酵素の構成成分としてATPの合成に重要な働きを負っている」

「③カタラーゼやグルタチオン・ペルオキシターゼなどの抗酸化酵素の構成要素となって活性酸素の消去に関わる」

「④神経伝達物質の生産に関わっている」

など、体内で様々な重要な役割を果たしているためです。

鉄欠乏の主な原因には、消化器からの出血(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がんなど)や、痔(特に切れ痔)、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がんなどによる月経過多、その他、種々の部位からの出血、極端な偏食、成長期の学童、妊娠中などがあります。

日本人の場合、太平洋戦争直後の貧しい時代と比べても、鉄の摂取量が4分の1を下回っているという現実があり(国民栄養調査2002年)、毎月多量の鉄を失う閉経前の女性は鉄不足に陥りやすい状況に置かれています。

一般的に、鉄不足、貧血の判断は「ヘモグロビン(血色素)」で行われ、女性の場合12~16g/dlが正常値とされています。

ところが、ヘモグロビンは正常値を示していても、体内では鉄が不足している状況は珍しく無く、一般的な血液検査では貧血と診断されないため、貧血とは診断されないのに体調は悪く、薬も処方できない!という状態になってしまいます。

スポンサードリンク

フェリチン(ferritin)は、鉄の貯蔵および血清鉄濃度の維持を行う蛋白です。

フェリチンは、球状のアポフェリチンの中に鉄を貯蔵する分子量約44万の可溶性タンパクで、組織中の鉄濃度により変化するため、鉄欠乏性貧血などの鉄代謝異常の指標とされます。

血清フェリチン濃度は、貯蔵鉄量とよく相関することが知られており、血清フェリチン1ng/mlが、貯蔵鉄8~10mgに相当するため、生体の鉄の状態を把握するのに有用であると考えられています。

鉄が不足する場合「フェリチンの減少 →血清鉄の減少 →ヘモグロビンの減少」の様に、フェリチンから減少していきます。

このため、フェリチンを検査することで、表向きは貧血でなくても、いずれ貧血になる可能性が ある「かくれ鉄欠乏症(潜在性鉄欠乏)」が分かります。

正常値は検査機関によって若干異なるものの、男性 20~250ng/mL 、女性 5~120ng/mL とされていますが、 日本人女性には鉄欠乏が多いため、母集団そのものが正常値を代表していないという根本的な問題があります。

フェリチン値<12ng/ mlであれば、鉄欠乏性貧血と診断できるという考えもあり、実際に30ng/mlを下回ると、上記の様な多くの症状の発生が見られるようです。

鉄には、知られざる力があります。

それは、細胞増殖など、体の中のさまざまな反応を手助けすること。

鉄分が食べ物から体内に吸収されると、体の中のさまざまな場所でフェリチンに貯蔵されます。

鉄不足が引き起こす体の不調といえば、まず貧血があげられますが、他にも、肌荒れ、睡眠障害、うつ、疲労感、かぜなどの症状を招くことがあることが最近の研究で分かってきました。

鉄を体内に貯蔵しておく「フェリチン」が不足しているかどうかが、こうした鉄不足の目安になります。

フェリチンの鉄が不足していると、肌が荒れていても新しい細胞になかなか入れ替わらなかったり、病原菌から体を守る免疫細胞の数が減ってしまったり、脳の働きに欠かせないセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が不足してしまったりするのです。

実は、本人も知らないうちにフェリチン不足に陥っている人はかなりの数に上ると専門家は言います。

11~90歳の女性3000人を調べたある調査によると、なんと半数の女性がフェリチン不足でした。

ヘモグロビンが正常値で貧血の症状もない人でも、フェリチン不足で、うつや睡眠障害に悩んでいることがあります。

これは、ヘモグロビンの鉄には、酸素を運ぶという生命の維持に不可欠な役割があるためです。

体内に入った鉄は、フェリチンよりもヘモグロビンに優先して回されます。

裏を返せば、健康診断などで「ヘモグロビン不足」という結果が出た人は、すでにかなり鉄不足が進行し、フェリチンの鉄が欠乏していると考えられるのです。

自分がフェリチン不足かどうかをチェックする簡易的な方法が「あっかんべー」。

下のまぶたの裏が白っぽい場合はフェリチン不足の疑いが。

また、まぶたの裏が白くなくても、疲れやすい、根気が続かない、うつが治らないといった症状が続く場合、フェリチン不足の可能性があります。

気になる場合は、かかりつけの医師や内科医にご相談されることをお勧めします。

貧血の疑いがある場合、フェリチン検査には保険が適用されます。

※肝炎の方は、鉄分摂取により症状が悪化することがあるため、鉄分摂取に際しては、必ず医師にご相談ください。

フェリチン不足にならないためには、何よりも、食事で鉄分を十分にとることです。

しかし、実は鉄分摂取には意外な落とし穴がありました。

ひじきやホウレンソウなど野菜・海藻類に含まれる鉄分は、一般に、酸素と結びついた状態であることが多いため、赤身肉やレバー、マグロなどの肉類・魚介類に含まれる鉄分に比べ、吸収率が低くなる傾向があるのです。

そこでおすすめなのが、鉄分豊富な野菜・海藻類を食べるとき、一緒に、レモンなどでビタミンCを積極的にとること。

ビタミンCの還元作用により、鉄が、体内で吸収されやすい状態に変わるのです。

食後、レモンジュースを一杯飲んだときの鉄の吸収率を調べたところ、なんと2倍近くもアップしました。

加熱調理などで、食材からビタミンCが減っている場合は特に、食後に果物などでビタミンCを補給するのが、鉄分を効率的にとる上ではおすすめです。

  •  
  •  にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事