お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

厚労省 エストロゲン製剤「ESTROMON」に注意喚起

厚生労働省は3月18日、医療機関から更年期対策サプリとして販売されていたエストロゲン製剤「ESTROMON」により、健康被害が発生したと報告があったことを発表しました。

estromon

同剤は、インターネット上で販売されていたものです。

国内で承認されているエストロゲンを含有する内服薬はすべて医師の処方が必要な医薬品ですが、インターネット上では「サプリメント」や「健康食品」などと称して医薬品と同等の海外製品が販売されていることがあります。

今回、ESTROMONにより健康被害が起きた女性は、服用したところ、子宮からの不正出血が生じたため、婦人科を受診。

その後は医師の措置により回復しているそうです。

また、厚生労働省の確認によりますと、ESTROMONのほかにもエストロゲン、またはメドロキシプロゲステロン酢酸エステルを含有する未承認医薬品として、PREMARIN、Provera、oestrogelがインターネットで販売されていたことが判明しました。

厚生労働省では、心当たりのある人は十分に注意し、異常が見られる場合には医療機関を受診すると共に、安易にインターネットで医薬品成分を含む製品を購入しないよう注意を促しています。

厚生労働省 報道発表資料

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝