お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

エストロゲンについて

エストロゲンとは女性ホルモンの一つで、卵胞ホルモンとも呼ばれます。脳の視床下部から脳の下垂体を刺激するホルモンが分泌されると、下垂体が反応して卵胞刺激ホルモンを分泌します。すると、それに卵巣が反応し、卵巣の中で眠っている卵胞のうちの10~20個が成長を始めます。

卵胞の成長が進むについれて、発育した卵胞からエストロゲンが分泌されます。そのあと、受精卵が着床するのに必要な子宮内膜を徐々に厚くしていきます。

卵巣や胎盤など女性特有の臓器でたくさん作られますが、副腎など男女ともにある臓器でも少量が作られるため、男性の体内でも働いています。

女性では月経周期に合わせて血液中の量が変動しており、月経後から排卵前に量が増えます。

エストロゲンの働きには、以下のようなものがあります。

  • 女性らしい丸みをおびた体をつくる
  • 卵胞の成熟を促す
  • 受精卵の着床を助けるため子宮内膜を厚くする
  • 精子が子宮の中に入りやすいよう頸管粘液の分泌を促す
  • 自律神経、感情の動きや脳の働きを整える
  • 骨の形成を促し、血管収縮を抑制する
  • 基礎体温を下げる

妊娠や出産だけでなく、女性らしさを高めてくれるホルモンとして、肌や髪質を良くしてくれるともいわれています。

若いうちは、脳からの指令を受けた卵巣は十分なエストロゲンを分泌することができますが、年齢とともに卵巣の機能が低下すると、脳からの指令を受けても卵巣が応えられずエストロゲンを十分に分泌できなくなります。

エストロゲンが十分に分泌されないと、視床下部や下垂体はより多くの性腺刺激ホルモンを分泌し、エストロゲンの分泌が行われるよう刺激を送り続けます。

しかし、いくら刺激ホルモンを 多く出しても卵巣は機能が低下し、十分なエストロゲンを出せない状態となっていますので、視床下部はパニック状態に陥ります。

視床下部は他のホルモン分泌のコントロールや自律神経の中枢でもあるため、視床下部がパニック状態になることによって自律神経にも乱れが生じ、顔のほてりや発汗などの「ホットフラッシュ」とよばれる症状や、頭痛、動悸、 肩こりなどの更年期障害の症状が現れるようになります。

エストロゲンと似た形をしていて、エストロゲンと同じような働きをする物質がいくつか見つかっています。大豆などに含まれるイソフラボンを植物エストロゲンと呼びます。

イソフラボンを多く含む食品は納豆、豆腐、きな粉、煮豆、油揚げ、みそなど大豆を使ったものです。このような食品に含まれているイソフラボンの吸収力をアップするために、ヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維の多いものを食べて腸内環境を整えることも大切です。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝