お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガン転移仮説

ガンの死亡原因は、ガンの周囲の組織浸潤や遠隔の臓器転移によるものです。

ガン死の約90%は この転移という現象によると見積もられています。

この事実が、転移しないガンは「ガンもどき」であるように見せてしまうのでしょう。

また実際にそのように分類しても、臨床の現場では ほとんど問題になることはありません。

さて、原発巣で増殖するガン組織に、なぜ転移するものとしないものがあるのでしょうか?

ガン細胞の転移のメカニズムについて、今まで ある仮説が提唱されてきました。

一般に乳ガン、子宮ガン、肺ガン、大腸ガン、肝臓ガン、膵臓ガンなど固形ガンといわれる大半のガンは、上皮細胞層で生じます(「上皮性細胞ガン」と総称します)。

上皮細胞は通常は互いに接着しており、病巣を離れて転移していくには適しません。

それで上皮ガンが転移する際に、上皮細胞が より未分化な間葉細胞(かんようさいぼう:骨髄系、リンパ系細胞)へと変化した上で血流に乗って転移するという「上皮間葉転換(EMT)」説が転移ガンの現象とされてきました。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝