お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

病院で感染症が撲滅できない本当の理由

皆さんは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)をご存じでしょうか?院内感染を引き起こす細菌として、時折テレビや新聞に登場しますから、知っている方も多いと思います。

黄色ブドウ球菌は、もともと人の皮膚や鼻腔内にいる常在菌で、ブドウ球菌の中では毒性が強いほうですが、健常者が黄色ブドウ球菌で感染症を発症することは稀(まれ)です。免疫が普通に機能していれば、保菌していても発症しないのです。

MRSAは、その黄色ブドウ球菌がメチシリンという抗生物質を持ったものですが、実際にはメチシリンだけでなく、多種の抗生物質に耐性のある「多剤耐性菌」です。様々な抗生物質が頻繁に使われる環境の下で、遺伝子が変異して抗生物質が効かない菌になってしまったのです。

つまり、MRSAに感染すると、抗生物質では治すことができません。そのため、入院患者がいったん感染すると治療が困難で、あっという間に院内に感染が広がります。しかもMRSAは、手術後の傷に感染するだけでなく、骨に感染して骨髄炎や関節炎を起こしたり、感染性心内膜炎や臓器膿瘍(のうよう)なども起こします。膿瘍とは炎症に膿(うみ)が溜まった状態で、これが臓器にできるのです。

ガン終末期など、身体の弱った人はMRSAに容易に感染してしまい、しかも重篤化して亡くなってしまうことが稀ではありません。その人が抱える病気そのものではなく、感染症によって亡くなることなど、本来あってはいけないことです。それなのに、未だに院内感染がしばしば起こり、時には死者まで出してしまうのは、感染症対策が不十分だからです。

病院の感染症対策というと、細菌学的な立場からのアプローチが一般的です。すなわち、手洗いの徹底や、汚染器具の取り扱いに注意するといったことです。もちろん、これらも非常に重要です。細菌は医療者の手を介して患者に感染することが多いからです。

しかし、MRSAの元になる黄色ブドウ球菌は、人の皮膚や鼻腔内に、ごく当たり前にいる常在菌です。いくら気をつけても、それを完全にゼロにすることは不可能でしょう。

では、どうするか?黄色ブドウ球菌もMRSAも、健常者であれば保菌していても発症することは稀です。とすれば、患者の免疫機能を健常者並みに高めることが、感染症対策のもう1つの切り札になるほどです。そして免疫機能は、栄養状態を改善することで高まります。

免疫が栄養と深く関わっていることは、昔からよく知られていました。たとえば、天候不順で飢饉になったりすると、飢餓状態に陥った人々が感染症にかかり、あっけなく亡くなってしまいます。日本でも以前はしばしば そのようなことが起こりましたし、今でも発展途上国などでは同様のことが起こります。

結核は感染症の代表的なものの1つですが、特効薬が無かった時代は、栄養を摂って寝ているのが治療法でした。戦後、日本で結核をはじめとする感染症が減ったのは、衛生状態が良くなるとともに、栄養状態も良くなったからなのです。

免疫と栄養状態の関係は、血液の中のリンパ球の数を見ると良く分かります。栄養状態が悪化すると、タンパク質の合成量が減る上に、タンパク質がエネルギー源として消費されてしまう為、全身のタンパク質の量が減少します。そうなると、タンパク質で出来ている免疫細胞も作れなくなってしまい、リンパ球数も減るのです。

総リンパ球数は、1mm³あたり1500~1200が軽度栄養障害、1200~800が中等度栄養障害、800未満が高度栄養障害とされています。ガン終末期の人などは、ほとんどが500以下ですから、この状態で院内にMRSAがあれば、あっという間に感染して発症し、重篤化してしまいます。

院内感染が撲滅できない本当の理由は、細菌がそこにあるからではなく、栄養障害によって患者の免疫機能が低下しているからだ、と言っても言い過ぎではありません。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝