お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

栄養ドリンクの即効性は糖分による血糖値上昇が原因。砂糖入りコーヒーで十分かも

栄養ドリンクというネーミングからビタミンやミネラルなどの栄養素が体を元気にしてくれると思っている人が多いようですが、実際には中に含まれる「糖分」によって血糖値が上がって体がシャキッと気合が入ったように感じるというのが主なメカニズムです。

砂糖に換算すると20g程度、3gのスティックシュガーなら約7本分の糖分が入っているので「即効性」があるわけです。

即効性がある分、血糖値の下がり方も早いので、栄養ドリンクを飲んで、しばらくして、どっと疲れが出るのは当然のことです。

体内で余分な糖がタンパク質と結びつき、そこで出来た糖化産物が血管や細胞を傷つける「糖化ストレス」も避けられません。

その結果、肥満や糖尿病、動脈硬化、神経障害など、さまざまな症状の引き金となります。

皮膚や骨のコラーゲンも糖化ストレスによって変質し、もろくなってしまいます。

最近では「糖分カット」、「低カロリー」を目玉にしている栄養ドリンクも発売されていますが、これらは多くの場合、合成甘味料や香料などが使われています。

スポンサードリンク

眠気がなくなるのはカフェインの作用です。

こうしたドリンク剤には50mg程度のカフェインが入っています。

ちなみにインスタントコーヒー一杯(100ml)のカフェイン量は約60mlですので、要するにドリンク剤の作用というのは「砂糖を入れたコーヒー」と変わらないということです。

「血圧を正常に保つ」「心臓の働きを助ける」「肝臓の働きをよくする」など重要な働きをするアミノ酸の一種である「タウリン」が1000mg入っている栄養ドリンクもありますが、グラムに直せば1g。
イカ、タコ、ホタテの刺身を食べれば簡単に摂れてしまいます。

糖分や添加物などが体に与える悪影響を考えれば、栄養ドリンクのネーミングに疑問符が付きます。

錠剤であれば大量の糖分や余計な添加物を摂ることなく、栄養素が摂取できます。

特にビタミンB群は体の疲れを回復させてくれますから即効性があります。

どうしても錠剤やカプセルが飲みにくいという方は、しっかり原材料表示をご覧になって、含まれている栄養素の内容と量、合成甘味料や香料・保存料などの使用の有無をチェックした上で選んでください。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝