お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

現代人のライフスタイルがガンの原因である

ガンなどの文明病は狩猟採集時代から更に進んだ古代エジプトにも無かったことが分かっています。

マンチェスター大学生物医学エジプト学KNHセンターのジンマーセン教授たちによって、古代エジプト・ギリシャとそれ以前の時代の遺物と文献を調査し、エジプトミイラに対して初めてガンの組織学的診断が行われた研究が2010年に報告されました。

この研究では、100年ではなく、1000年の時代間隔について調査を行ない、大量のデータが収集されています。

数百体のエジプトミイラを調査した結果、プトレマイオス朝時代(BC400~200年)にダフラオアシスに住んでいた一般人の直腸ガン一例だけでした。

腫瘍組織の特徴はミイラ化しても保存されることが実験的研究により証明されています。

むしろガン組織は、正常細胞よりも良好に保存されること、そして外科的手術のなかった時代であるのでガンがあれば必ず見つかることから、古代には ほとんどガンが存在してなかったと考えられます。

またカイロ博物館と欧州の博物館に安置されているミイラでも放射線学的調査が行われましたが、やはりガンの痕跡は発見されませんでした。

ガンなどの慢性病は明らかに文明病であり、それは食事を中心とした現代社会のライフスタイルに根を持つのです。

ライフスタイルの急激な変化、具体的には慢性的運動不足、日光浴不足、慢性ストレス、栄養環境汚染といったものが これらの原住民と現代人で決定的に違います。

これらの要因は、すべて細胞のエネルギー産生器官であるミトコンドリアに甚大なダメージを与え、ガンの発生・増殖を促しています。

そして、この中でも特に栄養面、すなわち現代人の炭水化物の摂取量が高いことが、ガンの発生・増大の原因として重要な位置を占めています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝