お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

あなたは本当にダイエットが必要?

肥満について考えてみよう

自分が太っているのか、やせているのか、どのように判断していますか?

肥満も「やせ」も、病気を引き起こしやすくなるので、まず下記のBMIを用いて自分の体格をチェックしてみましょう。

【BMIで肥満度チェック!】

あなたの体格は適正ですか?

BMIで調べてみましょう。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIが22の時が最も病気になりにくいといわれています。

また、BMIが25以上の場合、肥満となりますが、肥満度も4つに分類されています。

18.5未満・・・やせ
18.5以上25未満・・・標準
25以上30未満・・・肥満度1
30以上35未満・・・肥満度2
35以上40未満・・・肥満度3
40以上・・・肥満度4
(日本肥満学会のBMI判定基準)

肥満とは、BMIが「25以上」で体脂肪が過剰に蓄積した状態のことです。

食事から摂取したエネルギーが、食べ過ぎや運動不足によって消費しきれなかった過剰なエネルギーが、体脂肪として体に蓄積します。

体脂肪は一般的に悪いものというイメージがありますが、細胞の成分を構成したり、体温を維持する働きをしたりと、生きていく上で欠かせないものです。

少なすぎても健康に悪影響があります。

内臓脂肪型肥満は生活習慣病になりやすい

体脂肪の蓄積する場所によって、肥満の種類を分けることができます。

男性に多いといわれる「内臓脂肪型肥満」と、女性に多いといわれる「皮下脂肪型肥満」の2つです。

【内臓脂肪型肥満】

男性に多く、脂肪が内臓に蓄積してお腹周りに溜まりやすい肥満で、りんご型肥満とも言います。

このタイプの肥満は、生活習慣病を引き起こしやすくなります。

【皮下脂肪型肥満】

女性に多く、下半身に脂肪が付きやすい肥満で、洋なし型肥満とも言います。

このタイプの肥満は、内臓脂肪型に比べ、脂肪が落ちにくいと言えます。

子供の肥満に注意!

大人になってからの肥満は、脂肪細胞の数が増えるのではなく、細胞の1つひとつが肥大化して起こるので、やせれば元に戻るといわれています。

危険なのは子供の肥満です。

子供の肥満(小児肥満)は、成長と同時に脂肪細胞の数が増殖します。

子供の頃から肥満だった人は大人になってからは やせにくいので、成長する過程で正しい食生活習慣を身につけ、肥満にならないようにすることが、とても重要となっています。

見た目で判断するのは危険。やせすぎにも注意!

高脂肪食や運動不足による肥満が増えている一方で、若い女性では「やせ」傾向も問題になっています。

ダイエットブームなどの影響もあり、すでにやせているのに やせたいと思っている人が多いようです。

やせすぎると免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、生活習慣病などを引き起こしやすくなったりします。

必要以上のダイエットは健康を害する危険性があるのです。

若い女性で極度な「やせ」の人は、拒食症や過食症など摂食生涯になる危険性もあります。

きちんと食事ができないことで栄養不足の状態となり、放置すると命を脅かすことにもなりかねません。

「やせなければ」という強迫観念が強いときは、精神的なケアも必要となり、専門の医師に見てもらう必要も出てきます。

肥満になると起こりやすくなる病気

肥満は、高血圧症や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病をはじめ、睡眠時無呼吸症候群や癌(がん)、歯周病のほか、様々な病気を引き起こす原因となっています。

※脂質異常症・・・血液中の脂質が多すぎる病気です。診断基準は、高中性脂肪血症:150mg/dL以上、高LDLコレステロール血症:140mg/dL以上、低HDLコレステロール血症:40mg/dL未満です。

【かかりやすい疾患】

循環器系・・・高血圧症、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞

脳・・・脳卒中

呼吸器系・・・睡眠時無呼吸症候群

筋骨格系・・・腰痛、膝関節症、腰椎すべり症

内分泌代謝系・・・糖尿病、脂質異常症、痛風

皮膚系・・・皮膚線条

歯科系・・・歯周病

その他・・・脂肪肝、胆石症、がん

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝