お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2018年 2月

脂肪によって血管の老化が進む日本人

日本人は歴史的に脂肪が多く含まれている肉類などの食品を十分に摂ってこなかったことから、脂肪の摂取量が増えると健康被害が現れやすいことを以前の記事で紹介しました。 中性脂肪値と虚血性心疾患の死亡率を日本人とアメリカ人で比較したデータを見…

ストレスで血糖値が上昇する

ストレスを受けると自律神経の交感神経の働きが活発になり、ホルモン分泌が乱れやすくなります。 ストレスは、体にとって本来は危機的なもので、これを脱するために、すぐにエネルギーとすることができるブドウ糖を血液中に急激に増やします。 筋肉…

日本人はインスリンが出にくい

日本人は太るとインスリンの分泌が低下するという特異な体質となっています。 その体質にはインスリンの2つの働きが関係しています。 インスリンは膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンで、糖尿病で頻繁に登場する言葉であることもあって、一つ…

日本人は血糖値が上昇しやすい

糖尿病患者は年々増え続け、今や国民病とも呼ばれ、生活習慣病の代表ともなっています。 生活習慣病は、以前は成人病と呼ばれていました。 成人病という言葉は1955年(昭和30年)頃から使われ始めましたが、成人になって多く発症する疾病が生活環…

酸素不足になると赤血球が増え過ぎる

血液をドロドロ状態にするのは、ブドウ糖と中性脂肪だけではありません。 赤血球が過剰に増えて血液量が増えることによっても血液がドロドロ状態になっていきます。 これは狭い道路に多くの自動車が殺到して渋滞しているために、うまく流れないのと同じ…

加齢によって老化の個人差が広がる

「暦の年齢と老化は比例しない」というのは、高齢者を対象とした老年医学などの研究者が共通して抱いている認識です。 日本老年学会と日本老年医学会が75歳以上を高齢者とするように提言したことを以前の記事で紹介しましたが、年齢を重ねるほど差は…

人は血管とともに老いる

「人は血管とともに老いる」という言葉は、カナダの医学者のウイリアム・オスラー博士(1849ー1919)が100年ほど前に述べたことで、医学の名言集の中でも最も有名な言葉として今も伝えられています。 これは人間の体は血管によって支えられ…

さらに記事を表示する