お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2016年 7月

寿命が尽きる前に死んでしまう人が多すぎる!

高齢者の栄養を何とかしなければ、日本中寝たきりの人ばかりになってしまいます。地方から始まった日本の高齢化は、今や大都市にも及んでいます。 もちろん若い人でも、入院治療をしたことで、栄養障害に陥ってしまうことはあります。病気や治療によっ…

歩いて入院した人が退院するとき歩けないのはなぜ?

入院するときは自分で歩いて来たのに、退院するときは歩けなくて、車椅子やストレッチャーに乗って出て行く人がいます。あるいは、家に帰ることができず、別の病院に移る人もいます。 「手術や抗ガン剤のような、身体を大きく傷つける治療をしたのだか…

ガンで入院しても、ガンで亡くなる患者は2割だけ

ガン患者の8割近くが、ガンそのものではなく感染症で亡くなっています。 感染症には、食べ物などが誤って肺に入ったことで起こる誤嚥(ごえん)性肺炎、血液へばい菌が入ったことで起こる敗血症、カテーテルからばい菌が入ったことで起こるカテーテル…

「コラーゲンによる肌や関節への効果はない」とも言えない

「お肌がぷるぷるになる」「関節の痛みがやわらぐ」といった効果があるとして、一時期ブームになったコラーゲン。しかし、科学的な根拠を重視する医療従事者の間では「コラーゲンを食べたり飲んだりしても体内で分解されてアミノ酸になるため、そのような効果…

免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ(ニボルマブ)」についての考察

日本人の2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで命を落とします。日本人の死因トップであるガンの治療は主に3大治療といわれる外科的手術、放射線治療、そして化学療法(抗がん剤治療)によって行われています。 しかし、今、このガン治療が大き…

舌診(ぜっしん)で何がわかるの?

舌は口ほどに物を言う? 舌は最初に飲食物と出会う場所で、そこで簡単に噛み砕かれた食物は食道を通り、胃へ運ばれますよね。なので、舌が一番影響を受けやすいのがその人が食べたものであり、胃腸の状態が如実に現れる場所でもあります。 また、漢…

カルシウムと骨粗しょう症と動脈硬化

閉経後の女性では骨粗しょう症になり、骨折の危険が増えるので、多くの医師がカルシウムを十分摂るように指導します。しかし、これは大変な片手落ちな指導。 血中のカルシウムが多くなり、これが必要な骨には届かず、血管の内壁にくっついてしまう為、…

さらに記事を表示する