お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2016年 6月

高齢者に広がる低栄養 認知症やサルコペニアに注意

「飽食の時代なのに低栄養(栄養不足)」という矛盾した健康状態の高齢者が増えています。元気なうちからあっさりとした料理を好み、気付かないうちに低栄養が進むケースが危険です。筋肉、骨の衰えや免疫力の低下、さらに認知症をも招いて、要介護状態になり…

老化を防ぐために新鮮なミトコンドリアを増やすことが重要

ミトコンドリアは平均してひとつの細胞に300個から400個存在し、その総数は1京個(1兆の1万倍)。体全体でミトコンドリアがどのくらいあるかというと、体重の1割はミトコンドリアではないかといわれています。 特にエネルギーをたくさん使う…

子供たちは自分が食べるものを選択することができない

日本の貧困率は先進国と呼ばれている30カ国の中で、4番目という位置にいます。日本より上位にいるのは、メキシコ、米国、トルコの3カ国で、逆に貧困率が低い国は、チェコ、デンマーク、スウェーデン、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、フィンランド…

食物繊維が不足している日本人の食生活

日本人が摂取する野菜の量が年々減少していることは、ご存じの方も多いと思います。ご自身もまたそのうちのひとりであることを自覚し、もっと野菜を食べなければいけないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。それに比べて、アメリカ人の野菜の…

「脚気の原因はビタミンB1不足」だと森鴎外は認めなかった

白米が体に良くないということは、江戸時代末期には、まだ分かっていませんでした。実際に、米を精製加工することで欠落するビタミンB1不足によっておこる脚気に罹患する人がたくさんいました。   当時は「江戸患い」と呼ばれていた脚気ですが、それ…

高果糖コーンシロップを大量に摂ることは体にとって大きな負担

私たちの体は、食べたものの中からブドウ糖を分離し、それを吸収します。ブドウ糖は私たちにとって重要なエネルギー源ですから、常に補給し続けなければなりませんが、一方で、そのブドウ糖が体の中のタンパク質と結びつかないようにしなければなりません。…

AGEを体内に溜めないことが健康で長生きするための大事な要素

私たちが食べたものは、消化・吸収された後、体内で代謝されて体の一部になったり、体の修復の為に使われます。常に変化し続けている私たちの体は、一瞬たりとも同じ状態ではありません。 時間の経過と共に皮膚にシワが増えたり、目の機能が衰えたり、…

さらに記事を表示する