お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2016年 1月

ガンは無制限に成長する為に新しい血管を作る独自のシステムを持っている

腫瘍間質は、ガンが栄養・ガス交換に必要とする血管系を供給します。 事実、ガンが一定のサイズの塊を形成した後、それ以上増殖するためには必ず腫瘍間質を必要とすることが分かっています。 新しい血管(血管新生)は、血管内皮にある血管新生…

細胞外マトリックスの変化で免疫細胞はガン組織内へ入れなくなる

細胞外マトリックスとは、細胞の周りや細胞と細胞の間に存在するタンパク質の複合体で、細胞の増殖・分化の制御に直接関わっています。 正常組織が作る細胞外マトリックスは、ガン細胞を休眠状態にするなど、ガンにとっては都合の悪い存在です。 …

ガンの進行プロセスについて

間質の中の繊維芽細胞は、コラーゲンやフィブロネクチン(糖タンパク質)といった細胞外マトリックス、およびサイトカインや増殖因子、タンパク質分解酵素などの分子を発現して、間質の環境に多大な影響を及ぼしています。 加えて、腫瘍間質の繊維芽細…

ガン細胞を取り巻く細胞外マトリックスや間質細胞の変化に注目

ガン組織は、ガン細胞と それを取り巻く間質から構成されています。 この腫瘍間質は、正常な間質とは全く異なり、ガンの都合のいいように働きます。 では、間質(ストローマ)とは何なのでしょうか。 簡単に言うと、細胞を取り巻く組織…

免疫細胞の接近を妨げる「腫瘍間質と免疫抑制細胞・因子」

ペプチドワクチン+樹状細胞治療を成功させるための次のステップは、ガンの抵抗を突破することです。 ガンは自分を守り、その勢力を拡大するために様々な手段を使って、免疫細胞の攻撃を阻もうとします。 すなわち、免疫細胞が近づけないように…

正常細胞がガン細胞を取り囲むとガンはアポトーシスを起こす

腸の働きが良ければM細胞の腸管免疫力がアップする 筋肉を働かせて「血流」と「体温の保持」「自律神経や脳の活性化」を。 睡眠中に免疫細胞は活発に働き、免疫細胞は修復される これらの記事内容で自分の力を回復すると、正常細胞が元…

睡眠中に免疫細胞は活発に働き、免疫細胞は修復される

質の良い睡眠とは、言い換えれば脳が十分休息できる睡眠ということですが、それを確保することで体内環境が整い、ガンと戦うT細胞やB細胞などのリンパ球も元気になります。 反対に、不眠や睡眠不足が長引くと、血液中に顆粒球が増加し、リンパ球が減…

さらに記事を表示する