お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2015年 10月

細胞内呼吸とは何か

呼吸といえば、一般的には大気を鼻や口から吸って気管を通して肺でガス交換(酸素と二酸化炭素)をすることですね。 しかし、生物学的にいう「呼吸」とは、「細胞内」呼吸のことを意味します。 細胞内呼吸とは、細胞内のミトコンドリアという小…

細胞膜の重要性

ホメオスタシスという言葉をご存じでしょうか? 「生体内恒常性」と訳されています。 私たちの細胞内部環境を一定に保つための機構を指します。 インシュリンやグルカゴンといった血液中の糖の濃度を調節するホルモンも、全身のホメオス…

細胞質内にある「何か」とは?

さて、ガンを抑える細胞質内にある「何か」とは何でしょうか? 細胞質内のミトコンドリアDNAを全く持たないように処理した細胞をRh0細胞(ローゼロ細胞)といいます。 このRh0細胞は、DNA修復酵素(APE1 DNA repair…

ガンを抑制する「何か」

マウスの悪性メラノーマ細胞にヒトの細胞の核の染色体を取り除き、遺伝子を無くしたものを細胞融合移植すると、ガンの形成が抑えられました。 さらに興味深いことに、この実験でヒトの細胞を事前に放射線処理した場合、細胞融合移植したメラノーマガン…

「ガン遺伝子説」の決定的間違い

まずガン遺伝子あるいはガン抑制遺伝子に変異が起こり、それがガンをドライヴする、つまり増殖経路のスイッチをオンすることでガンが発生するというのが、従来の現代医学のガンのパラダイムでした。 このパラダイムを「ガン遺伝子説」といいます。 …

「ガンもどき」と「本物のガン」

ガンの組織をいくら覗いてみても、組織の構造が壊れていること以外、その由来は分かりません。 このようなガンの最終診断の曖昧さから、近藤誠医師は、明確にガンを「ガンもどき」という単なる「できもの」(良性腫瘍:増殖速度が遅い。転移しない)、…

医者によって異なるガン診断

ガンの最終診断というのは、ガン組織を顕微鏡で肉眼的に見ることでつきます。 この顕微鏡で組織診断をつける専門家を病理医と言います。 彼らは顕微鏡で見た組織が どの細胞に由来しているかで診断をつけます。 しかし、最終診断である…

さらに記事を表示する