お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2015年 2月

脂質とはどんな栄養素なのか

エネルギー源となる 脂質とは、水に溶けず、エーテルやクロロホルムなどの有機溶媒に溶ける物質の総称です。 食用の脂質(油脂)には ごま油、大豆油、コーン油、オリーブ油のように常温で液体のものと、ラードやバターのように固体のものがありま…

多糖類

多糖類の種類 多糖類は、単糖またはその誘導体が多数結合した高分子化合物です。 なかでも、一種類の単糖が多数結合したものを単純多糖類、二種類以上の単糖からなるものを複合多糖類と言います。 また、消化性多糖類と難消化性多糖類に分け…

少糖類

少糖類の種類 少糖類は、単糖か2から10分子結合したものをいいます。 結合する単糖の数により、二糖類、三糖類、四糖類・・・と分けられます。 栄養として重要な少糖類は、単糖か2個結合した二糖類のマルトース(麦芽糖)、スクロース(…

単糖類

糖質としての最小の単位で甘味があり、水溶性 単糖類は、これ以上分解すると糖質でなくなる、糖質として最小の単位です。 単糖類は一般に甘味があり、水によく溶けます。 自然界には、炭素数が3個~7個までの糖が存在します。 栄養…

糖質はどんな栄養素か

エネルギー源として最も重要 糖質は穀類、いも類、砂糖などの主成分であり、私たちのエネルギー源として最も重要な栄養素です。 摂取量が最も多いのは、多糖類のデンプンです。 その他に二糖類のマルトース、ラクトース、スクロース、単糖類…

エネルギー代謝

エネルギーの単位 栄養学ではエネルギーの単位としてカロリーやジュール(J)が用いられます。 1000カロリーは1キロカロリーと表示されます。 1キロカロリーは、1kgの水の温度を14.5℃から15.5℃まで上げるのに必要な熱量…

タンパク質の吸収後のゆくえ

アミノ酸の吸収後のゆくえ 体内のアミノ酸は、組織を構成するタンパク質(体タンパク質)、酵素、ホルモン、抗体など、体内の全てのタンパク質を作る素材です。 これらの体内すべてのタンパク質は、常に今あるものが分解され、新しいタンパク質が合…

さらに記事を表示する