お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2014年 10月

ミドリムシ(ユーグレナ)の栄養成分について

ユーグレナとは、理科の授業中、顕微鏡で覗いたミドリムシのことです。 ミドリムシは昆虫の仲間ではなく、藻(も)の一種。 光合成を行なう植物の性質と、鞭毛(べんもう)で運動する動物の性質を併せ持つ珍しい生物です。 そのミドリム…

朝食にシリアルだけの場合、不足する栄養素は?

忙しい朝のメニューとして定着したシリアル。 スーパーに行くと、コーンフレークをはじめ、グラノーラ、ミューズリーなど、シリアル類がズラリと並んでいます。 近頃はシリアルバーのように棒状に固めた携帯食も登場し、味のバリエーションも増…

「ステーキを食べればタンパク質は充分」は間違い!

成人が1日に摂取すべきタンパク質は、年齢や活動量によっても異なりますが、男性で60kg前後、女性で50kg前後。 と言うと、「今日は200gの牛ステーキを食べたからタンパク質は充分摂れた」という人がいます。 しかし、それは大きな…

内臓脂肪がつかない希少糖「D-プシコース」

太らないばかりか、病気予防にもなる“奇跡の糖”として、にわかに脚光を浴びている希少糖。 レアシュガーとも呼ばれ、その名のとおり、自然界に0.1%程度しか存在しない希少な糖の総称で、現在でおよそ50種類が確認されています。 なかで…

塩分摂取量は減っているのに「もっと減らせ」と言われる理由とは?

日本高血圧学会が定めている基準では、1日あたりの塩分摂取量の目標は6g未満です。 それに対して、現在の日本人の塩分摂取量は、1日11~12gが平均で、目標の2倍近くも摂っていることになります。 それでも、昔の日本に比べれば、ずい…

新しく発見された第6の味覚「脂味(あぶらみ)」と病気の関係とは?

人間は、甘い、酸っぱい、苦いといった味を舌の表面にある味蕾(みらい)という器官を通じて捉えています。 食べ物が口に入ると、まずは味蕾が味をキャッチして、その刺激を脳へと伝えることで、人間は味を感じることが出来ます。 その味蕾の機…

我が家に子犬がやってきました。

8月20日に愛犬が亡くなってから1ヶ月と26日が経過した今日、我が家に新しいワンちゃんがやってきました。 今朝、愛犬が亡くなりました。たくさんの思い出をありがとう・・・シロ。 シロが亡くなってからは外に出る機会が少なくなりました…

さらに記事を表示する