お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2014年 8月

脂質の働き。皮下脂肪と内臓脂肪の違い。危険な異所性脂肪とは。

「脂肪=悪者」のように聞こえてしまう現代ですが、もちろん脂肪(脂質)は大切な栄養素のひとつです。 主な脂質の働きは次の6つです。 ① 細胞膜、血液、ホルモン、神経伝達物質などの原料となる ② 脂溶性ビタミン(A、D、E、K…

抗酸化力アップ!生活習慣病やアンチエイジングに活用できるファイトケミカル

活性酸素を無害化してくれるのが「抗酸化物質」です。 抗酸化物質には多くの種類が存在しており、それぞれにおいて役割が少々異なってきます。 数ある抗酸化物質の中で押さえて頂きたいものとしては、ビタミン、ミネラル、ファイトケミ…

活性酸素の「過剰産生」とその「慢性化」が大きな問題

近年、健康に関して何かとよく目にするキーワードが「活性酸素」です。 現代のライフスタイルのもとでは、最も注視しなければならないトピックです。 活性酸素は名前の通り酸素ですが、普通の酸素とは違います。 そもそも酸素自体は誰も…

アンチエイジングの鍵を握る「核酸」と「抗酸化物質」

身体の健全な作り替えをサポートするためのキーワードは大きく分けて2つ、「核酸」と「抗酸化物質」です。 作り替えの核となる「核酸」と、作り替えの邪魔者である活性酸素を抑制する「抗酸化物質」とは切っても切れないものです。 身体は食べ…

栄養素が不足すると病気やストレスに対して弱い身体になってしまう

私たちの体は驚くべき速さで入れ替わっています。 健康な体になるか否かはひとえに、体を作り替える能力にかかっていると言っても過言ではありません。 以下にいくつか例を挙げてみます。 消化器の粘膜は3日で入れ替わります。 …

青汁、ブルーベリー、コエンザイム、にんにく卵黄、トクホの脂肪吸収抑制飲料について

最近よくCMなどで目にすることの多い健康食品について解説します。 青汁 おそらく、日本国内では最も知られた健康食品ではないでしょうか。 野菜不足を理由に飲む野菜ジュースです。 青汁に使われている食材は、主にケールです。 …

ゴマに含まれているセサミンの有効性について

ゴマは、世界で広く栽培され、日本でも食用油をはじめとして古くから利用されてきました。 また、民間の滋養食として摂取されてきました。 最近、ゴマに含まれる抗酸化物質、特にゴマリグナンの存在が注目され、俗に「がんや老化の予防に効果が…

さらに記事を表示する