お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2014年 6月

トランス脂肪酸は体内で解毒されず、老化や癌、心臓病へのリスクを高める

絶対に避けたい油が「トランス脂肪酸」です。 トランス脂肪酸は、もともと自然界にはない、人工的に合成された油です。 体内のメカニズムでは解毒されず、また、老化や癌(がん)、心臓病へのリスクも指摘されています。 マーガリンには…

長短が寿命や老化に深く関係するテロメアが長さを抑制する仕組みを解明

染色体の末端にあり、その長短が細胞の寿命や老化に深く関係する部位「テロメア」について、長さを抑制する仕組みを、関西学院大理工学部(兵庫県三田市)の田中克典教授らのグループが初めて明らかにしました。 抗がん剤の開発などにつながる可能性も…

オリーブオイルはリノール酸が少なく加熱などの酸化にも強いので普段使いにオススメ

脂質には、高性能のエネルギー源としての働きばかりではなく、コレステロールとして細胞膜を作り、脂肪酸として細胞の形や柔軟性を決めるという、身体にとって、とても重要な役割があります。 細胞の内と外との情報交換の決め手となるのは、細胞膜の形…

ストレスの多い人はビタミンB群とビタミンCを積極的に摂りましょう!

酸化を促進させる生活習慣としては、ストレス、タバコ、過激な運動などがあります。 これらは、老化を早める生活習慣とも言えます。 そこに、過度の飲酒も加えておきたいと思います。 ただし、適度な飲酒は差しつかえありません。 …

小腸はアミノ酸を吸収するのにグルタミンをエネルギー源にしている

腸が十分に機能を発揮するには、エネルギー源が必要です。 特に小腸は、アミノ酸を吸収するのに「グルタミン」をエネルギー源にしています。 グルタミンもアミノ酸の一種です。 もし、小腸が吸収を行う際に糖をエネルギー源として使って…

腸内の鉄をラクトフェリンが吸収し、悪玉菌の増殖を抑えるので善玉菌が増える

悪玉菌をやっつけ、善玉菌を増やしてくれる物質に「ラクトフェリン」があります。 母乳に含まれていて、免疫力がない赤ちゃんの腸内環境を最初に整えてくれます。 ラクトフェリンは抗菌作用を持つタンパク質で、鉄をたくさん含んでいるため、集…

食物繊維の減少と鬱(うつ)やアレルギーの増加は無関係とは言えない

加齢とともに腸内細菌のバランスが変わります。 これも腸の老化の一種なので、腸の衰えを改善することが老化の防止につながります。 腸内では、善玉菌と悪玉菌が陣取り合戦を展開しています。 この陣地のことを「フローラ」と言い、「お…

さらに記事を表示する