お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ARCHIVE2014年 3月

サプリ容器に書かれている栄養成分の配合量には誤差が認められている

栄養素の中には熱に弱いものもあります。 高温や高圧がかかる製造方法では栄養素が変性してしまう可能性があります。 ですから、サプリメントの容器に書いてある通りの栄養素が含まれていないこともあります。 (さらに&hellip…

厚労省 エストロゲン製剤「ESTROMON」に注意喚起

厚生労働省は3月18日、医療機関から更年期対策サプリとして販売されていたエストロゲン製剤「ESTROMON」により、健康被害が発生したと報告があったことを発表しました。 同剤は、インターネット上で販売されていたものです。 …

サプリメントを作る上で最低限必要な添加物とは?

清涼飲料水などに含まれるビタミンCと保存料の安息香酸(あんそくこうさん)。 この2つが反応すると人体にとって有害な物質であるベンゼンが発生する可能性が指摘されています。 このように組み合わせや量によっては有害性が疑われる添加物も…

サプリメントにおける天然原料のメリットとは?

合成原料にはない天然原料のメリットは大まかに言って次の2点です。 ①栄養素が体内で効率的に使われる ②一緒に含まれているほかの成分との相乗効果がある 合成原料には不純物が含有されていますが、天然原料には頼りになる「パートナ…

安価な合成原料のサプリメントは避けた方が無難

サプリメントのパッケージには、「原材料名」を記載している部分があります。 ここに記載されている原料は、重量の割合の多いものから順に記載することになっています。 パッケージの正面に、栄養素の名前が大きく書かれているのに、原材料の欄…

サプリメントの効果が期待できるかを消費者が判断するための「ハイクオリティ認証」

どのサプリメントが安全で、効果が期待できるかを消費者が判断するための仕組みとして、2010年にスタートした「ハイクオリティ認証」があります。 安全、安心なサプリメントを求める消費者、医療関係者のために、表示・産地に偽装がなく、人体に有…

あまりにも安価なサプリメントは安全性、品質維持の体制が不十分

サプリメント選びにはハードルが2つあります。 1つは配合されている成分自体が意味のあるものであるかどうか。 きちんとしたエビデンス(科学的根拠)があるかどうか。 そうではないものは論外です。 もう1つはサプリメントの…

さらに記事を表示する