お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

銅について

鉄の働きをサポート

銅は体内に約72mg含まれています。摂取した銅のほとんどは小腸で吸収され、肝臓に運ばれて貯蔵されます。そして肝臓でセルロプラスミンという銅結合タンパク質に合成されて、体の各組織へ運ばれます。大部分は胆汁と共に小腸に分泌されて便に混じって排泄されます。

銅の主な働きは、鉄が赤血球のヘモグロビンの材料になるためのサポート役。銅がタンパク質にくっつくと、タンパク質は鉄を体の隅々に運ぶことができるようになります。また、銅は生活習慣病の原因となる活性酸素を抑える抗酸化酵素の補酵素としても働きます。

銅を多く含む食品は牛、豚。鶏などのレバーや魚介類。植物性の食品には、ほとんど含まれていません。微量ミネラルなので通常の食生活で不足することもありませんし、食べ物でたくさん摂っても そのまま排泄されますので過剰症の心配もありません。

しかし不足すると全身に酸素を運ぶ量が少なくなって、貧血やめまいを起こしやすくなります。血管や骨をしなやかにする働きもありますので、もろくなって動脈硬化や骨粗しょう症になることもあります。女性や貧血気味の人は特に気にかけましょう。

銅を多く含む食品

  1. 牛レバー 80g・・・4.24mg
  2. シャコ 2尾=60g・・・2.08mg
  3. イイダコ 1杯=45g・・・1.33mg
  4. ホタルイカ 3杯=30g・・・1.03mg
スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝