お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

コラーゲンについて

コラーゲンとは?

皮膚の大部分を占める真皮と呼ばれる部分は、大部分がコラーゲン線維からなっていますので、コラーゲンと聞くと、美肌を作る成分、美容のために欠かせないもの、というイメージが浮かびます。

しかし、コラーゲンは単に肌に存在するだけではなく、腱、血管、肺などの臓器や、骨、歯、軟骨などの組織にも多く含まれています。

その他にも、筋肉、髪、目、髪など、ありとあらゆる体の部位にコラーゲンは含まれています。つまり、コラーゲンとは人間をはじめ動物たちの体の大部分を形作るタンパク質のことを指すのです。

人間の生体内のタンパク質の内、およそ30%がコラーゲンであり、このコラーゲンが細胞と細胞の隙間を埋め、様々な組織をつなぎ合わせる事で体が構成されています。

加熱するとコラーゲンの分子構造である三重螺旋(らせん)がこわれて、バラバラの一本鎖の分子構造であるゼラチンに変性します。分子量も約30万から約10万に変化します。このゼラチンは冷却するとゲル状、すなわち個体に戻ります。

コラーゲンの種類とは?

コラーゲンは発見された順に、1型、2型、3型・・・と名付けられ、現在では30種類以上のコラーゲンが報告されています。全てのコラーゲンに共通する特徴は、分子内に三重螺旋構造をもつことと、細胞の外に分泌されて繊維やネットワークなどの構造体をつくることです。

1型~5型までのコラーゲンは分子生物学(すなわち遺伝子の研究)の手を借りずに発見されたコラーゲンです。

1型は皮、骨、歯、腱などの主成分のコラーゲンです。最も体内での量が多く、一番研究が進んでいるコラーゲンであり、化粧品、サプリメントなどに利用されているコラーゲンもほとんどが1型コラーゲンです。

2型は軟骨の主成分のコラーゲンです。

3型は皮膚や血管の壁などにあり、特に胎児の場合は全コラーゲンのうち約50%がこの3型コラーゲンです。

4型は上皮細胞と結合組織の間にある、基底膜と呼ばれるところに存在するコラーゲンです。

5型は胎盤に存在しているコラーゲンです。

残りのコラーゲンは遺伝子研究により、組織にわずかにしか存在しないものを拾い出す事で発見されてきました。これ以降は一般的に関心の高い美肌と深く関連するコラーゲンを紹介します。

皮膚は3層構造(外側から表皮、基底膜、真皮)になっているのですが、基底膜と真皮をつないでいるのが7型コラーゲンです。

また、表皮と基底膜の結合を担っているのは17型コラーゲンであることが分かっています。

各臓器、組織で発見されたコラーゲンがそれぞれ異なる構造を持っていることが明らかになると、各型のコラーゲンの変化による医学的な現象の研究も進みました。

例えば、1型コラーゲンの遺伝子の異常があると、骨の形成不全が起こります。更に、皮膚や関節にも影響が出る可能性があります。

2型の場合は軟骨に異常が起こりやすくなります。

3型の場合は、関節、皮膚、血管などの疾患と関連します。

その他にも、4型は腎臓、7型は皮膚などに異常をきたす場合があります。

コラーゲンとアミノ酸との関係性は?

一般的にタンパク質を合成するアミノ酸は20種類存在することが分かっています。そのうち、体内で合成できないため食べ物からの摂取が必要な「必須アミノ酸」が10種類、残りは体内で合成できるため、「非必須アミノ酸」と言います。

では、コラーゲンはどのようなアミノ酸によって構成されているかというと、まず、グリジンが全体の1/3以上をしめ、次に多いのがプロリン、その次がアラニン、ヒドロキシプロリンと続きます。この4つのアミノ酸がコラーゲンを構成する全アミノ酸の2/3をしめており、残りは数十種類のアミノ酸が少しずつ結合しているという状態です。全てのアミノ酸を詳細に説明すると話が込み入ってきますので、ここでは主要なアミノ酸について説明したいと思います。

コラーゲンを構成する主要な4つのアミノ酸の主な特徴を下記にまとめました。

グリジン
ヘモグロビンや肝臓中の酵素などの構成成分。運動・感覚など体の調整。

プロリン
体のエネルギーとして使われやすい。肌の角質層の保湿作用。コラーゲン修復力。

アラニン
肝臓のエネルギー源。アルコール代謝を改善する作用。

ヒドロキシプロリン
コラーゲンの構造を安定化させる作用。

この中で特に注目なのがヒドロキシプロリンと呼ばれるコラーゲンにしかない特殊なアミノ酸の存在です。

グリジン、プロリン、アラニンは先程お話したタンパク質を合成する20種類のアミノ酸の中に含まれています。しかし、ヒドロキシプロリンは、プロリンがヒドロキシル化(水酸化)したものであり、20種類のアミノ酸には含まれない、コラーゲン独特のアミノ酸です。

コラーゲンを体内で形成したいのであれば、単純にコラーゲンだけを摂取すれば良いわけではなく、様々なアミノ酸をバランスよく豊富に含む別の食材と合わせることが大事になってきます。

コラーゲンの消化・吸収・合成を高めるには?

コラーゲンを食べると、まずは胃の中の酵素(ペプシン)によってある程度分解され、オリゴペプチドの形になります。

その次に、小腸の中で酵素(トリプシンやキモトリプシン)によって最小単位であるアミノ酸に分解されます。

その後、アミノ酸は小腸の中で吸収され毛細血管に入り肝臓へと運ばれます。

さらに心臓に送られ、動脈を通過して各組織の細胞へと取り込まれていくのです。

実は、このコラーゲンの分解、吸収が行われる小腸の働きが非常に重要です。

低分子コラーゲンなど、外から摂取する時点で分子の小さなコラーゲンを選び、消化、吸収率を上げるというのも考え方の一つですが、それ以前に小腸の働きが弱っていたり、小腸の中の酵素が不足していたりすると、摂取した栄養素はうまく分解されません。

消化不良では、せっかく摂取したコラーゲンの栄養素を吸収しきれずに排出してしまう可能性もあります。ですから、小腸の働きを整え、消化・吸収しやすい体にしてあげておくという考え方も知っておいていただきたいと思います。

消化・吸収しやすい体づくりのためにできることは、腸内の酵素を増やしてあげることです。生の野菜や果物、発酵食品など、酵素を含む食品の摂取を日ごろから心がけましょう。またコラーゲンのサプリメント摂取のタイミングですが、食事と一緒に摂取した方が小腸の働きが活発になるので、食間・食後がおススメです。

続いてコラーゲンの合成についてのポイントです。

コラーゲンを構成するグリジン、プロリン、アラニンなどのアミノ酸をバランスよく体内でそろえなければ、コラーゲンは合成されません。ただ、上記3つのアミノ酸は非必須アミノ酸であるため、ある程度体内で作り出すことができています。特に気にしなければならないのは、コラーゲンの材料の一つであるリジンと呼ばれるアミノ酸です。

リジンは必須アミノ酸であるため、食事から補わなければならない栄養素です。リジンを多く含む食材は、アジ、サケなどの魚や、チーズ、卵などです。コラーゲンを含む食品と一緒にこれらの素材を使った料理も一緒に食べると、体内でコラーゲンを合成する材料がそろうことになります。

もう1つ、コラーゲンの合成にはアミノ酸と鉄が必要だということが明らかになっています。体内でコラーゲンを合成する過程には様々な酵素が関わっているのですが、この酵素がきちんと働くためにアミノ酸や鉄が使われているのです。

いくらコラーゲンの材料をそろえても、サポート役の鉄、アミノ酸が足りなければ、体内でのコラーゲンの合成は満足には行えません。アミノ酸も鉄も慢性的に不足している方が多いビタミン、ミネラルです。コラーゲンの合成のためにも、意識的な摂取を心がけましょう。

コラーゲンを多く含む食品は?

コラーゲンは動物性タンパク質に多く含まれています。特に肉、魚介の皮や骨、内臓にはコラーゲンが豊富です。主にどんな食品があるか、下記に紹介します。

【魚介類】
アジ、イワシ、ヒラメ、カレイ、サケ、タイ、ブリ、ワカサギ、シシャモ、ウナギ、アナゴ、アサリ、エビ、イカ、タコ、フカヒレ、ナマコ

【肉類】
牛すね肉、牛タン、スペアリブ、軟骨、手羽先、手羽元、砂肝、挽肉類、レバー類、豚足

コラーゲンの効果・効能

コラーゲンの年齢に伴う量的、質的な変化は、様々な老化現象や老人病と関連しています。ヨーロッパでは関節炎の患者さんにコラーゲンを含んだ食品を食べてもらったところ症状が改善したという研究があります。これは、関節の骨と骨をつなぐ間にある軟骨の主成分にコラーゲンが含まれているからだと考えられます。

また、骨の減少を抑え骨粗鬆症の改善・予防効果があるといった報告もあります。その他に言われている効果・効能としては下記のようなものがあります。

肌の健康に関する効果
肌の柔軟性を保つ、張り・弾力性を保つ、保湿・潤い効果

目の健康に関する効果
老眼予防、眼精疲労改善、老人性白内障の予防

血管の健康に関する効果
高血圧の予防、血流の改善

毛髪の健康に関する効果
薄毛・抜け毛・白髪の防止、髪を太くする効果

免疫機能に関する効果
がん予防、アレルギー体質の改善

脳の健康に関する効果
物忘れの予防・記憶力や集中力を高める・脳卒中の予防

ただ、まだ十分なエビデンスがそろっていると言えるほど研究が進んでいるわけではありません。それどころか、中には実験的な根拠に乏しい情報もあるようですから注意してください。コラーゲンが持つ効能・効果に関する研究は、今後の更なる調査、実験の積み重ねが必要な状況です。

コラーゲンの美容効果とは?

加齢とともにコラーゲンが不足すると、皮膚の水分量が減り、老化が進みます。逆にコラーゲンが十分に満たされていると、はり、つや、みずみずしさのある肌でいられます。

肌は目に見え目立つためよく取り上げられますが、血管や内臓の存在を忘れてはいけません。コラーゲン不足は、内臓機能を弱め、血管の老化も進めます。内臓機能の衰えや血流の悪さは外見に現れます。外見の衰えは体内で起こっている事そのものです。ですから、体内でコラーゲンの合成がしっかり行われると、血液循環が良くなり、皮膚・毛髪などの新陳代謝が活性化され、美しさを手に入れる事ができます。

コラーゲンの美肌効果とは?

コラーゲンは一番奥で皮膚の大部分を占める真皮に存在し、コラーゲン線維の束が縦横にからみながら、強くてしなやかな構造体を作っています。

基本は1型コラーゲンで構成されていますが、ところどころに3型コラーゲン、5型コラーゲンなどが入りこんでいます。

これらのコラーゲン線維が皮膚の弾力性、収縮性、膨潤性を保っていますので、老化にともなってコラーゲン線維の量が減ったり、質的に変化したりすると、しわ、たるみ、乾燥などのトラブルが発生しやすくなります。

若々しい美肌をキープするには、体の内側でコラーゲンがきちんと作られるよう、食生活に気を配る事です。

コラーゲンと しわの関係性は?

しわは乾燥、自然老化、紫外線などが原因で起こる肌の老化現象の一つです。肌は老化すると、表皮や真皮におけるコラーゲン線維に変形を伴います。

また、年齢とともに真皮のコラーゲンが硬くなったり、コラーゲンそのものが減少したりします。

そうこうしているうちに、今まで顔の動きに対し柔軟に伸び縮みできていた皮膚は、弾力性が衰え伸びきってしまい、皮膚に加えた力をのぞいても歪がしわとなって残るようになってしまうのです。

コラーゲンと たるみの関係性は?

しわとたるみの原因は共通しています。年齢とともに肌が衰えると、真皮の新しいコラーゲンを作る力が弱まります。更に紫外線やストレスなどでコラーゲンが変性、減少していきます。

こうなると肌の弾力性が失われたるんだ状態に。ここへ繰り返し力が加わることで生まれる歪が「しわ」ですが、重力という力に耐えられなくなり、下へと下がってしまった状態が「たるみ」です。

内側からのケアは、コラーゲンの補給と合わせてアミノ酸のバランスが良い食事と、ビタミンC、鉄などのビタミン、ミネラルをたっぷりと摂って下さい。両面からのケアを続ける事で、真皮のコラーゲン線維の老化を防ぎ、たるみの目立たない肌を目指しましょう。

コラーゲンと にきびの関係性は?

ニキビの主な原因は過剰に分泌される皮脂が考えられます。肌の新陳代謝がうまくいかずに、皮膚に残ってしまった古い角質や皮脂汚れなどが混ざり合って毛穴が詰まり、そこにアクネ菌と呼ばれる菌などの影響で炎症が起きます。これがニキビです。

その他の原因として、過剰なストレスによるホルモンバランスの変化や、間違ったスキンケア方法によって肌に汚れが溜まってしまうなどのケースも考えられます。

肌の新陳代謝がうまくいかない状態が根本的な原因であるならば、コラーゲンもまったく無関係ではなくなってきます。

表皮の細胞は、毎日毎日生まれ変わっているのですが、その細胞一つ一つの周期がだいたい28日周期だと言われています。これが肌の新陳代謝、別名ターンオーバーです。

コラーゲンは細胞と細胞をつないで酸素や栄養素を取り入れたり、逆に体内の不必要な老廃物を取り除く経路を作ったりしています。ですから、コラーゲンの量が十分であれば、ターンオーバーがスムーズに行われやすくなるのです。

肌の新陳代謝が悪いためにニキビができてしまっているのであれば、体内でのコラーゲンの合成を意識した食事や生活習慣をこころがけるとよいでしょう。ニキビの改善だけでなく、ニキビの予防、ニキビ跡のケアにおいても、肌のターンオーバーを整える事は重要です。

コラーゲンの副作用について

コラーゲンは多少多めにとっても問題はありません。特にコラーゲン料理などは、たっぷり食べても副作用を心配することはないでしょう。他のサプリメントやハーブ、医薬品との相互作用で起こる副作用も現時点では特に知らせていません。とても安全性の高い素材であるといえます。

ごくまれに、コラーゲンの摂取によってかゆみやしびれといった症状がでる方がいるとの情報もありますが、よほど過剰に摂取しない限りほぼ心配はないと思います。気をつけておきたいのは、サプリメントなどからコラーゲンを摂取した際に何かいつもと違う反応が現れた場合です。

その商品がどのような原料から抽出したコラーゲンを使用しているかチェックしてみてください。安全性が確認できないようであれば、使用を控えましょう。コラーゲンはタンパク質ですから、タンパク質に過剰に反応するアレルギーを持っている人も注意が必要です。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝