お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

コーヒーフレッシュはミルク味のサラダ油みたいなもの

コーヒーチェーンやファミリーレストランで使われているポーション(使い切りタイプの小分け包装)タイプのミルクは、一般に「コーヒーフレッシュ」と呼ばれます。

店舗によっては、ドリンクバーを注文すれば使い放題だったり、お客が好きに取れるよう、テーブル上に置いてある店もあります。

考えてみれば、常温の店内に置いたままで、ミルクが腐らないのは不思議に思えますが、コーヒーフレッシュは、植物性の油に水を混ぜ、添加物を加えてミルク風に仕上げたもので、ミルクとは全く別モノなのです。

パッケージの原材料名をチェックしても、「牛乳(生乳)」や、「ミルク」、「生クリーム」の文字は見当たりません。

代わりに記されているのは、植物性油脂、カゼインナトリウム、増粘多糖類、香料といった文字。

これらの材料で、どうしてあんな白いクリームが出来上がるのでしょうか。

そもそも、植物油と水はそのままでは混ざらないので、「乳化剤」を加えて水と油を乳化させます。

次に、生クリームのようなトロミをつけるために「増粘多糖類」を入れます。

日持ちを良くするために「pH調整剤」が加えられ、ミルクフレーバーの香料でミルクらしい味に調えるのです。

というと、原材料や添加物の安全性もさることながら、そもそもコーヒーに植物油を混ぜて飲んでいることを考えますと、微妙な気分になってきませんか?

リフレッシュのためにコーヒーを飲むなら、本物の牛乳や生クリーム入りのコーヒーを楽しめる店に足を運んだほうが良さそうです。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝