お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

コバルトについて

腸内でビタミンB₁₂に変身

コバルトは1935年頃にビタミンB₁₂の構成成分として発見されたミネラルです。磁石の原料のほか、虫歯の治療の際に用いられる合金などに使われる金属でもあります。

ミネラルとしてのコバルトは成人の体内に約1.5mg含まれていて、骨髄での造血機能に関わり、赤血球を作るのに関係があります。なぜかというと腸内細菌によってビタミンB₁₂に変身するからです。

ビタミンB₁₂は別名「赤いビタミン」。葉酸と協力し合い、赤血球に含まれるヘモグロビンを生成するのが仕事です。(詳細は「ビタミンB₁₂について」をご覧ください。)

つまりはコバルトも造血機能に関わっているということになります。他にも、神経の機能を正常に保つ働きもあるといわれています。

特に赤身肉や、腎臓、レバー、チーズなどの乳製品、カキ、ハマグリ、アサリなどの動物性食品に多く含まれています。例外として納豆やモヤシなど、コバルトが含まれている植物性食品もあります。ビタミンB₁₂を多く含む食品にはコバルトも多く含まれていると考えられます。

摂り過ぎると不眠、疲労感、不足すると集中力低下、免疫力低下などを引き起こすことがあります。悪性貧血の人や、ベジタリアン、高齢者や胃の手術を受けた人は、たくさん摂取することを心がけましょう。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝