お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

マクドナルドが深刻な減収、安全への信用崩壊の原因は中国産食材

日本マクドナルドホールディングスは9月9日、8月の月次売り上げ状況を発表しました。

全店売上高は、前年同月比で25.7%減という極めて大幅なマイナスとなりました。

7月も同17.4%減でしたが、それを上回る落ち込みで、売り上げ低下に歯止めがかからない状況です。

ちなみに、25.7%という減少幅は、2001年7月の上場以来最大です。

7月29日に開かれた2014年上半期の決算発表会で今村朗執行役員は、「計画に対し、15~20%売り上げが落ちている」と述べましたが、中国の仕入れ先で使用期限切れ鶏肉を使用していた問題の影響は、それを上回る影響を与えました。

7月20日に、世界17カ国に50の工場を有し、食肉業界では世界最大規模といわれるアメリカの食肉メーカーOSIグループの子会社で中国現地法人・上海福喜食品の生産過程として、使用期限切れ鶏肉を使ったり、床に落ちたパティ(ハンバーグのように挽き肉を円盤状にしたもの)やチキンナゲットをそのまま製造ラインに戻すなどの映像が中国・上海のテレビ局・東方衛視にスクープされ、「外資系の食品なら安心」という中国国内に広まっていた考えを覆す、非常にショッキングなニュースとなりました。

これらの鶏肉は日本にも輸出され、日本マクドナルドの「チキンマックナゲット」やファミリーマートの「ガーリックナゲット」などに使用されていたため、両社がこれらの販売を中止し、購入者に対して返金するなどの騒動となりました。

この事件については8月29日、上海の検察が「劣悪な食品を生産、販売した」として同社幹部の6人を逮捕したことが報じられました。

これで幕引きが図られるかどうかは不明ですが、明らかになったのは中国食品問題の氷山の一角という見方が強く、実態がどうなっているのかに日本でも不安と関心が高まっています。

この事件は、中国企業の食品に対する衛生感覚の欠如が大きな要因となって起きたのは間違いありません。

しかし、中国産食材の危険性は以前からわかっていたはずです。

2013年1月、中国の河南大用食品グループが病気で死んだ鶏を長期にわたって加工販売し、有名ファストフード店で販売していたことが判明しました。

この河南大用食品の製品がマクドナルドでも使用されているとの一部報道がありましたが、それに対しマクドナルドは否定した上で

「マクドナルドは、すべてのお客様に安全で高い品質の商品をご提供することをお約束しております。弊社の厳格な品質基準をもちまして、全ての過程において管理基準を設け、その徹底をすべてのお取引先様に要請しております。弊社はこれからも引き続き、お客様に安心してご利用いただけるよう、原材料の生産地から、加工、物流、店舗内での調理方法に至るまで、品質、衛生管理を徹底してまいりますので安心して当社商品をお召し上がりください」

とコメントを発表しました。

マクドナルドはこれまで「抗生物質使用規制のグローバル基準があるから安全」であると説明してきており、実際に2003年に米マクドナルドが全世界の食材提供会社に対して抗生物質の規制政策を打ち出していますが、中国では機能していないのではないでしょうか。

基準を掲げても、それが遵守されているかを誰も監視せず、現地企業に任せきりで、工場の監督も中国の行政機関任せの実態が露呈した格好となりました。

マクドナルドはこれまで商品に関する詳細な情報を開示することに、極めて消極的でした。

それゆえに、みみずやネズミの肉が使われているといった都市伝説がまことしやかに噂され続け、マクドナルドに対する不信感は常につきまとってきました。

上海福喜食品の問題を受けて、長くベールに包まれてきたマクドナルド商品の主要原料原産国が、初めて公開されることになりました。

それによると、中国製鶏肉を使用していた商品は今回問題となった「チキンマックナゲット」のほか、「チキンフィレオ」「チキンタツタ」などの人気商品を含む8商品に及ぶことが判明しました。

東京都内のマクドナルド店舗で店長を務めるA氏は、同社商品の実態について、次のように明かします。

「マクドナルドは極めて高度なオペレーションで管理されており、国内全店舗において同品質の商品が提供されるようになっています。そしてすべての商品が完全に加工された状態で各店舗に配送され、揚げる、焼くなどの最低限の手間でお客様に提供できるようになっています。従って、それぞれの商品に何が添加されているのか、何が入っているのかは誰もわからないところから、いろんな憶測を呼んでいるのだと思います」

A氏によると、人気商品のチキンタツタなども一枚肉ではなく、一度ミンチにしたものを再度練り固めた成型肉だといいます。

すべての商品を同一の形、重さにするためだというのですが、「何が入っているのかわからない」という不安は、マクドナルドで働いた人物ほど強く持つ傾向があるようです。

つまり、今マクドナルドが直面している売り上げ低迷は、中国企業の不祥事に伴って一時的に客足が遠のいているのではなく、消費者が同社商品の安全性に疑問を持っていることが要因なのではないでしょうか。

この不信感を払拭するのは容易ではないでしょう。

スポンサードリンク

中国産食品問題を長く取材しているジャーナリストは次のように語ります。

「まず、ブロイラーを育てている環境に大きな問題があります。通常、ブロイラーを育てる場合は1坪当たり40羽ぐらいが適正な数だといわれています。しかし中国ではコストカットのため、1坪当たり100羽以上育てるというのが常態化してしまっているのです。当然こんな環境では狭すぎて不潔で、すぐにブロイラーは病気で死んでしまいます。そして不潔さゆえに悪臭が広まれば、周辺の住民にも知れ渡り、内部の様子の写真や動画がインターネットで広まるかもしれません。そうすれば社会問題となってしまいます。そこで養鶏業者は、外から見えないように窓も一切ない建物の中でブロイラーを飼育するようになるのです。暗闇に閉じ込められ、さらに健康状態も悪化し、3日で鶏は死滅するといわれるほどひどい環境になるため、劣悪な環境でも死なないように、強い抗生物質を大量に与えるのです。さらに、成長促進剤も大量に与え、わずか40~45日程度という異常ともいえる短い飼育期間で鶏肉が出荷されているのです」

中国でも、中国山東省の鶏肉メーカー・山西粟海集団が、飼料に大量の成長促進剤を加え飼育期間を45日間に短縮させたブロイラーで製造した鶏肉を中国のケンタッキーフライドチキン(KFC)やマクドナルドに卸していた、と地元メディアなどが報じました。

この報道の中で、鶏に与えている飼料を食べたハエが即死したと伝えており、中国では「速成鶏」として大きな社会問題となっています。

このような鶏肉を人間が食べても、体に影響はないのでしょうか?

実は中国では、薬品を大量に投与して製造された食肉を妊婦が食べた結果、成長促進剤の影響か、4kg以上の巨大児の生まれる率が非常に高くなっているのです。

体重が6~7kgある新生児も珍しくなく、巨大児の出生割合は中国国内の新生児の1割を超えています。

これは10年前の5倍以上の数字だというのですから、割合が多くなっているのは確かでしょう。

中国地元メディアによりますと、1歳の女児の胸が発達する、3歳の女児が初潮を迎える、6歳の男児にヒゲが生えるなど、成長促進剤の影響ではないかといわれる事例が頻発しているといいます。

このような環境でつくられる食品が日本に輸出されているとしたら、これを食べて大丈夫なのでしょうか?

日本は輸入食品の検査を行っていますが、その検査は一部に対してモニタリング検査を実施しているにすぎません。

また、日本側がチェックする項目は中国側も知っているため、チェックにひっかからないような細工をしているのではないかとの不安は拭えません。

そもそも中国では、地方に行くと環境汚染はさらに深刻で、住民の過半数が癌(がん)を患っている「癌村」と呼ばれる地域が200カ所以上もあります。

そこでは子供でも癌にかかることがあり、奇形児なども珍しくありません。

そんな環境の中では、化学物質に汚染された水を使った畑で野菜がつくられていることも少なくありません。

そのように中国産の食品は、鶏肉に限らず、どの食材においても危険をはらんでいます。

食品は、自分や家族の健康に直結します。

だからこそ、可能な限り中国産は避けたほうがいいと思います。

鶏肉の使用期限が切れているというだけではなく、中国産の食品は、ほかにも多くの問題をはらんでいるのかもしれません。

その危険性も考えて、私たちは「食の安全」を守ることを考えるべきではないでしょうか。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝