お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

安価な合成原料のサプリメントは避けた方が無難

サプリメントのパッケージには、「原材料名」を記載している部分があります。

ここに記載されている原料は、重量の割合の多いものから順に記載することになっています。

パッケージの正面に、栄養素の名前が大きく書かれているのに、原材料の欄を見ると、最初の方に添加物が並び、目的の栄養素が後ろの方に記載されているようなら、あまり良心的なサプリメントとはいえません。

サプリメントの原料には「化学的に作られた合成原料」と「野菜、果物などから抽出された天然由来の原料」があります。

合成原料は安価で高濃度というメリットがありますが、不純物混入のリスクもあります。

天然原料は、吸収率や体内での働きの面で合成品より優れ、何より「食べ物に近い」というメリットがありますが、価格が高く、濃度が低いというデメリットもあります。

一概に、天然由来の原料が良くて、合成原料は良くないと申し上げるつもりはありませんが、私は「安価な合成品のサプリメント」は避けた方が無難だと考えています。

安い合成品の何が問題か、ビタミンCを例にとってご説明しましょう。

今、サプリメント原料の多くが中国製です。

ビタミンCも95%が中国製です。

かつては日本製もあったのですが、今は作られていません。

中国製のビタミンCだから信頼できないというわけではありません。

中国にもしっかりした設備と管理体制でビタミンCを製造する工場はあり、医薬品のビタミン剤の原料などとして使われています。

ただし、一方では品質レベルの低い工場で製造されたであろうビタミンCも存在します。

もちろん、信頼できるサプライヤーのビタミンCと、そうでないものとでは、価格が全く違います。

同じビタミンCの原料でも、kgあたり数百円で手に入るものから、30万円するものまであるのです。

そうした状況を知ってしまうと、安い価格のビタミンCのサプリメントは、怖くてとても手が出せません。

スポンサードリンク

ビタミンを人工的に化学合成する場合、目的の栄養素だけでなく、「よく似た物質」も一緒に出来てしまいます。

化学構造が一見同じようだけれど、微妙に細かい部分が違っていたり、ねじれていたりといったことです。

「光学異性体」といって、全ての構造がそっくり反転している分子(鏡に映った状態)が出来てしまうこともあります。

これらは言ってみれば「なんちゃってビタミン」、あるいは「ビタミンのそっくりさん」。いわゆる「不純物」です。

生物がビタミンを作るときは、酵素の働きによって精密に目的のビタミンを作るのですが、工業的に大量に作る場合はそうはいきません。

そうすると「本物のビタミン」と「そっくりさんたち」の混合体が出来ます。

そこから精製して不純物(そっくりさん)を取り除いて目的のビタミンだけを取り分ける作業をするのですが、これには費用も手間もかかります。

精製をしっかり行うことで純度の高いものが出来上がりますが、これを何回行うか、どこまで行うかは、作る側の裁量次第です。

そして激安サプリメントには、精製の度合いが低い原料が使われているかもしれません。

そういうサプリメントを作るメーカーは「この一粒の中にビタミン○○が200mg入っていますよ」という思考でモノを作り、売っているのだと思います。

「そっくりさん」といっても、本物と同じ、あるいは本物に近い働きをしてくれるのならいいですが、これはそうとは限りません。

化学構造がちょっとでも違ったら、目的のビタミンとしては働きません。

それどころか、ビタミンの働きを邪魔するかもしれないのです。

多くのビタミンは体内で、酵素とともに補酵素として働きます。

補酵素がないと働けない酵素がたくさん存在します。

たとえば、ビタミンB群の「そっくりさん」が体内に入ってきてしまったとします。

本来なら補酵素であるビタミンB群は酵素と協力して代謝にかかわる様々な「働き」をするわけですが、「そっくりさん」が酵素にくっついたら、そのまま機能を停止してしまうかもしれません。

体は毎日一生懸命酵素を作っていても、これではせっかく作った酵素がムダになってしまいます。

この問題は、化学合成で工業的にビタミンを作ろうとするために生じるものです。

だからこそ、コストと手間をかけてきちんと精製を行っている原料を厳選する必要があるのです。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝