お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

CATEGORYお悩み・症状別

栄養の投与しすぎで合併症が起こる!?

栄養療法は、栄養アセスメントを実施して、その人にどんな栄養が必要かを診断したうえで行いますが、気を付けなければならないことがあります。栄養障害を早く治したいと思うあまり、急に大量の栄養を投与すると「リフィーディング・シンドローム(Refee…

血清アルブミン値・RTP・総リンパ球数・血中アミノ酸分析・尿中の窒素量

栄養障害は、三大栄養素やビタミン、ミネラルなどの欠乏や過剰によって起こりますが、では、その人が栄養障害かどうかは、どのように決めるのでしょうか? 医師は無意識のうちに、自分や周囲の人たちの栄養アセスメント(栄養評価)をしています。パッ…

ビタミン、ミネラルの役割と代謝

ビタミンは、脂溶性ビタミンが4種類(A、D、E、K)、水溶性ビタミンが9種類(B₁、B₂、B₆、B₁₂、C、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)ありますが、いずれも体内では ほとんど合成されないため、食事などで摂る必要があります。ファ…

脂質の消化・吸収・代謝

脂質には、中性脂肪やリン脂質など様々な種類がありますが、食物中の脂肪の98~99%は中性脂肪です。脂質は主にエネルギー源として使われ、糖質やタンパク質が1gあたり4kcal のエネルギーを生むのに対して、脂質は1gあたり9kcal と非常に…

タンパク質の消化・吸収・代謝

タンパク質は、私たちの身体を作っている有機化合物(炭素を含む化合物)の半分以上を占める重要な物質です。構造的には、アミノ酸と呼ばれる小さな分子が鎖状に結合した大きな分子がタンパク質で、タンパク質が消化されるとは、鎖が切れてアミノ酸に分解され…

糖質の消化・吸収・代謝

三大栄養素のうち糖質の消化・吸収・代謝の仕組みを見ていきましょう。 糖質は、ショ糖やデンプンなどに含まれる栄養素で、炭水化物とも呼ばれます。炭水化物というと、ご飯やパン、麺類などを指すと思われがちですが、サトウキビや砂糖大根から作られ…

消化管は外界とつながっている

私たちは外から栄養を取り入れて、それを細かく分解して吸収し、活動するためのエネルギーにしたり、細胞の再生や修復のために使ったりして生きています。この消化・吸収・代謝の仕組みを深く知れば知るほど「人の身体は、なんと精妙にできているのだろう!」…

さらに記事を表示する