お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

CATEGORYニュース

子供がイオン飲料を飲み過ぎるとビタミンB1不足で脚気(かっけ)に!

水分補給に良いとされるイオン飲料やスポーツドリンクなどを多量に飲み続け、健康状態が悪化した乳幼児の報告が、2016年までの10年間で少なくとも24例、31年で33例あったことが日本小児科学会などの調査でわかりました。栄養が偏ったためとみられ…

個別化医療(パーソナライズド・メディシン)の時代へ

日本人の2人に1人が一生のうちにガンを患うのだそうです。しかも患者さんごとに同じ薬でも効き目が違いますので、ガンの種類ごとに標準の薬などが決まる従来の治療法は見直しを迫られています。 ガンの治療は肺や胃といったガンができた臓器ごとに特…

「コラーゲンによる肌や関節への効果はない」とも言えない

「お肌がぷるぷるになる」「関節の痛みがやわらぐ」といった効果があるとして、一時期ブームになったコラーゲン。しかし、科学的な根拠を重視する医療従事者の間では「コラーゲンを食べたり飲んだりしても体内で分解されてアミノ酸になるため、そのような効果…

免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ(ニボルマブ)」についての考察

日本人の2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで命を落とします。日本人の死因トップであるガンの治療は主に3大治療といわれる外科的手術、放射線治療、そして化学療法(抗がん剤治療)によって行われています。 しかし、今、このガン治療が大き…

ビタミンCを含むサプリメントによって喫煙による肺のダメージを保護できるという研究結果

タバコの煙は肺の中で一酸化窒素の過剰生産および炎症の活性化を引き起こし、果ては肺気腫に結びつきます。そんな喫煙による肺のダメージをビタミンCまたはアスコルビン酸に化学物質を組み合わせることで防ぐことができることを示す研究結果が発表されました…

「飽和脂肪酸が早死リスクを上昇させる」という研究結果を発表

 バター、ラード、赤身肉などに含まれる飽和脂肪酸が、早死リスクを上昇させることを確認したとする、30年間に及ぶ研究結果が2016年7月5日、発表されました。その一方で、飽和脂肪酸をオリーブオイルなどの不飽和脂肪酸に切り替えることで、健康上の…

ミトコンドリア内のDNAが健康的な老化への鍵を握っている可能性

 細胞小器官のミトコンドリア内に存在するDNAが、健康的な老化への鍵を握っている可能性があるとする研究論文が2016年7月6日、発表されました。遺伝子の一部を交換したマウス実験の結果だそうです。ミトコンドリア内のDNAは、母親からのみ受け継…

さらに記事を表示する