お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

CATEGORY栄養学

核酸について

核酸とは? 遺伝子は ほとんどが細胞の中心にある細胞核に納められています。核酸とは4つの塩基「A(アデニン)・G(グアニン)・T(チミン)・C(シトシン)」で形成された遺伝子そのものであり、核内に存在するDNA(デオキシリボ核酸)と、核の…

クエン酸について

酢や梅干し、レモンなどの柑橘類に多量に含まれる酸味を示す有機酸の一種です。レモン1個分の果汁に約1200㎎のクエン酸が含まれています。しかし、食酢とは違って無色・白色の結晶性の粉末で、水やアルコールに良く溶ける性質があります。 時間が…

パラアミノ安息香酸について

葉酸が体内で合成されるときに必要になる物質です。4-アミノ安息香酸、PABA(Para-aminobenzoic Acid)とも呼ばれます。以前はビタミンBXと呼ばれていましたが、ヒトにとっては必須栄養素ではないことが明らかとなっており、現…

ビタミンU(キャベジン)について

ビタミンUの「U」は、潰瘍を表す英語「ulcer」の頭文字をとったもので、化学名は「塩化メチルメチオニンスルホニウムクロライド(MMSC)」と言い、「S-メチルメチオニン」と表記されることもあります。 キャベツの絞り汁から発見された成…

ヘスペリジンについて

ヘスペリジンとは、柑橘類に多く含まれている栄養素で、ビタミンPとも呼ばれるポリフェノールの一種です。 ヘスペリジンは発見された当初、人間の生命活動に必須の栄養素であると考えられていたため、ビタミン類の一種として「ビタミンP」と名付けら…

L-カルニチンについて

カルニチンには2種類あり、それぞれ L-カルニチン、D-カルニチンと呼ばれます。これらは互いに鏡に映した関係にあり、重ね合わせることができません。たとえば右足用の革靴を左足に履けないようなものです。 L-カルニチンは、必須アミノ酸のリ…

オロト酸について

肝機能障害や老化を防ぐ オロト酸(オロット酸・オロチン酸・ウラシル6-カルボン酸)は、乳清(ヨーグルトの表面に溜まっている水分の部分)から発見された複素芳香環化合物です。 アルコール発酵成就残物からネズミの成長促進因子としても発見さ…

さらに記事を表示する