お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

カロテノイドの種類

β – カロテン

プロビタミンAの中でも食品中に最も多く含まれ、ビタミンAへの変換率も最も高いです。

視覚機能、皮膚や粘膜細胞を正常に保ち、免疫機能の維持などに働きます。

ニンジン、カボチャ、小松菜、ホウレンソウなどに含まれています。

β – クリプトキサンチン

プロビタミンAで、みかんなどの柑橘系やトウモロコシなどに含まれます。

カプサンチン

強力な抗酸化力でLDLコレステロールの酸化を防ぎます。

赤ピーマンや赤唐辛子に含まれる赤い色素です。

(唐辛子の辛み成分の「カプサイシン」と赤唐辛子の赤色成分の「カプサンチン」は別物です。)

α – カロテン

プロビタミンAで、β – カロテンより強い抗酸化作用を持ちます。

ニンジンやカボチャなどの赤黄色野菜に含まれます。

γ – カロテン

プロビタミンAの仲間ですが、体内での変換率はα – カロテンやβ – カロテンよりも低いです。

カボチャ、トマト、杏(あんず)などの緑黄色野菜に含まれています。

リコペン(リコピン)

β – カロテンより抗酸化力が高く、動脈硬化を抑制します。

脂溶性の赤色の色素で、完熟トマトに大量に含まれ、スイカ、柿などにも含まれています。

アスタキサンチン

強力な抗酸化力を持ち、免疫力を高めます。

サケ、エビ、カニ、オキアミなど魚介類や海藻類に含まれる赤い色素です。

フコキサンチン

抗酸化作用の他に、動物実験では脂肪の燃焼を促進し内臓脂肪を減らすことが分かっています。

わかめやひじき、もずく、昆布類などの褐藻類(かっそうるい)に含まれる赤褐色の色素です。

ルテイン

目の網膜の※黄斑(おうはん)に存在するカロテノイドで、紫外線を吸収して活性酸素の害を抑制し、黄斑変性や白内障を予防します。

黄色い色素で、トウモロコシ、卵黄、ホウレンソウ、豆類などに含まれます。

※黄斑・・・網膜後部の中心窩(か)の周りは、黄褐色に見えるので黄斑と呼ばれており、網膜のうちでも最も視力の良い部分になっています。

ゼアキサンチン

ルテインと同様に目の網膜の黄斑にあり、黄斑変性、白内障の予防効果が期待されます。

黄色から橙色の色素成分でトウモロコシ、卵黄、レバーに含まれます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝