お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

カロテノイド

野菜や海産物の鮮やかな色素成分

カロテノイドは、動植物などに存在する赤色、橙赤色(とうせきしょく)、黄色の脂溶性の色素成分で、約600種類が見つかっています。

人を含む動物は、カロテノイドを体内で生成することができません。

野菜や果物などから摂取することが必要です。

植物に含まれるカロテノイドには、ニンジン、ホウレンソウ、カボチャなどに含まれる β – カロテンや α – カロテン、トマトやスイカなどに含まれるリコペン(リコピン)、赤ピーマンに含まれるカプサンチンなどがあります。

エビやカニなどの動物性食品に含まれる赤い色素はアスタキサンチン、卵黄に含まれる黄色い色素はルテインです。

活性酸素消去作用がある

全てのカロテノイドに共通した機能は、抗酸化作用です。

フリーラジカルや活性酸素を消去して、老化や癌、動脈硬化、様々な生活習慣病を予防する効果があります。

必要に応じて体内でビタミンAに変換されるものをプロビタミンAといい、 α – カロテン、β – カロテン、γ – カロテンと β – クリプトキサンチンがこれにあたります。

それ以外にカロテノイドのまま、脂肪組織、肝臓、筋肉、網膜などに存在しているものもあります。

カロテノイドは油に溶けやすいため、油と一緒に摂ると吸収率が高まります。

さらに、複数のカロテノイドを合わせて摂取すると、高い抗酸化力が発揮されるといわれています。

抗酸化作用とは何か

人は、呼吸によって取り入れた酸素を利用して栄養素を酸化分解し、エネルギーを得て生きています。

この生命活動の過程で、酸素の一部は酸化力の強い活性酸素に変わります。

活性酸素は体を構成する脂質、タンパク質、核酸などを傷つけます。

そして生じた過酸化脂質が血管壁を障害し、酸化LDLは動脈硬化を引き起こします。

さらにDNAの突然変異が起こり、癌が発生する原因となります。

体内には、活性酸素を消去する機能が備わっていますが、この機能は加齢とともに低下します。

そこで、活性酸素消去機能の低下を補う抗酸化剤として、ビタミンC、ビタミンE、カロテノイド、ポリフェノールなどが注目されています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝