お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

カプサイシン、カプシエイト

トウガラシの代謝促進成分カプサイシン

トウガラシの辛さや発汗作用のもとになる成分としては、カプサイシンがよく知られています。

カロテノイドの一種で、痛覚神経を刺激することで辛味成分として作用します。

カプサイシンは、交感神経を刺激して※アドレナリン(エピネフリン)の分泌を高めます。

アドレナリンは脂肪細胞に作用して貯蔵脂肪の分解と燃焼を促進し、エネルギー代謝を高めます。

すると体温が上昇するので血行がよくなり、発汗が促されます。

トウガラシを食べると体がポカポカし、発汗するのはこのためです。

そこで、カプサイシンは、冷え性や肩こりの改善、疲労回復に役立ち、ダイエットにも効果を発揮します。

また、貼り薬などの外用薬では、神経痛を和らげる成分として使用されています。

※アドレナリン・・・副腎皮質ホルモンです。ストレス刺激によって分泌され、血糖上昇、貯蔵脂肪の分解を促進し血中遊離脂肪酸の上昇、インスリン分泌抑制などの多様な応答を引き起こします。

辛味がなく代謝を促進するカプシエイト

近年、新たにトウガラシからカプシエイトという辛味のない成分が見つかりました。

その構造はカプサイシンと類似していますが、カプシエイトの辛さはカプサイシンの1000分の1しかありません。

カプシエイトは、カプサイシンと同じカロテノイドの一種で、同様に脂肪の燃焼や体温上昇効果がみられ、エネルギー代謝を高める効果があります。

その一方で辛味や刺激が少ない分、消化管粘膜や血圧、心拍数などに対する影響は少なくなります。

血行促進やダイエットなどに役立ち、カプサイシンより食べやすい成分として注目されています。

トウガラシは体を温める

トウガラシ(唐辛子)は、南米原産のナス科低木の果実で、世界でスパイスとして使用されています。

胃液の分泌を促進することで消化を助け、胃を健康に保ちます。

殺菌作用、疲労回復、体を温める効果があるため、古くから食中毒の予防や食欲不振の解消などに用いられています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝