お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

超特異的リンパ球群連射治療は進行性のガンに威力を発揮する

患者さんの状態が悪いときは、ペプチドワクチン+樹状細胞に加えて、リンパ球群を使います。

「状態が悪い」というのは、抗ガン剤治療を受けていたり、ガン悪液質が酷く、体力が相当低下している状態、体内のある自前のリンパ球が弱っている状態です。

こういう方は、ペプチドワクチン+樹状細胞治療だけでは、大きな効果が望めません。

ですから、リンパ球を一緒に入れてあげることで治療効果を図ります。

このリンパ球治療は、患者さんの血液から機能が低下したリンパ球を取り出し、培養によって改良し再び体内に戻し、全身のリンパ球を賦活(ふかつ)させるという治療方法です。

つまり、培養によって、本人の弱ったリンパ球を若返らせ、元気にさせることができるのです。

患者さんの病状に応じ、混合型リンパ球治療、特殊型リンパ球治療、高密度NK細胞治療、超特異的リンパ球群連射治療の4つのリンパ球治療を使い分けていますが、なかでもペプチドワクチン+樹状細胞治療との併用が多いのは、超特異的リンパ球群連射治療です。

この超特異的リンパ球群連射治療は、複数のペプチドで刺激した特異的CTLを誘導することで、多様なタイプが混在している進行性のガンに対応できる連射システムが特徴です。

威力があるのはもちろんのこと、スピード性にも長けていますから、時間的猶予が許されないケースにおいて、その特性を発揮します。

最適なペプチドで刺激された特異的CTLは、ガンを確実に認識し、撃ち落とす、高性能ミサイルのようなものです。

すなわち、「ペプチドワクチン+樹状細胞+リンパ球」は、ガン撃墜の最強の部隊であり、状態の良くない患者さんの治療効果を上げる、極めて有効な手段なのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝