お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

免疫細胞治療を阻む最後の壁を破る樹状細胞とCTLのコンビネーション

これまでに説明した免疫細胞治療を阻むガンの壁が取り払われたとしても、まだ問題は残っています。

ガンは、壁が破られて「CTL(cytotoxic T lymphocyte 細胞傷害性T細胞)が攻めて来るぞ!」ということを察知すると、亀が驚いて頭や手足を甲羅に引っ込めるように、今度は自分の存在を隠してしまうのです。

つまり、ガンは自分の旗印であるガン抗原(ガン細胞の表面に出ているタンパクの断片=ペプチド)を隠すことによって、CTLの攻撃から逃れようとするのです。

これが本当の最後の壁、免疫細胞治療を阻む極めて厄介な最後の壁なのです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

そこで出番となるのが、樹状細胞とCTLです。

CTLは、正常細胞とガン細胞を見分けるための旗印であるガン抗原へ一直線に向かって行き、標的であるガンに辿り着きますが、CTLを速やかにガン抗原に誘導させるには、ClassⅠという抗原提示が必要です。

そして、そのClassⅠは樹状細胞が持っているClassⅠ系列で作り出されます。

しかし、ClassⅠによってCTLが簡単にガンへと誘導されるわけではなく、樹状細胞が持っているClassⅡ系列というシステムによって、ヘルパーT細胞(Th1)がCTLを誘導するのです。

そして、樹状細胞から情報を受け取ったTh1は、インターフェロンを出し、そのインターフェロンによって隠れていたガンの旗が ちょっと顔を出してくるのです。

それと同時に、Th1はCTLにも情報を伝えます。

するとCTLもガンに対して大量のインターフェロンを出すのです。

その結果、ガンは耐え切れなくなって、少しずつ旗を表に出してくるというわけなのです。

以前は、「ガンは旗印(ガン抗原)を隠しているから、特異的免疫治療は効かない」と言われていましたが、ところがそうではなくて樹状細胞とCTLの組み合わせで、このように旗が出てくることが最近分かってきたのです。

ですから、CTLは、直接ガンに向かって行って、ガンをアポトーシスさせるだけでなく、壁を破るうえでも大事な免疫細胞ということができるのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝