お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガンはPD-L1に免疫抑制のシグナルを発信させて逃れている

目に見えない壁の構成員は他にも存在します。

PD-L1という分子もその1つです。

免疫系が働き過ぎると、自らの細胞まで攻撃してしまい、自己免疫疾患を起こしますが、その不適切な免疫反応を制御し、自己免疫疾患の発症を抑制している分子にPD-1があります。

すなわち、PD-1はリンパ球の表面にある受容体の一種で、生体において活性化したリンパ球を抑制するシステム(負のシグナル)に関与しています。

PD-L1は、このPD-1が抑制に動くように働きかける分子です。

分かりやすく言うと免疫系に「これは攻撃対象ではない」と教える存在なのです。

ガン細胞は、このシステムを利用して免疫反応から逃れています。

つまり、ガンはPD-L1を自分の手下にし、このシステムを使ってPD-L1に免疫抑制のシグナルを発信させるのです。

更にガンは自らもPD-L1を放出し、免疫抑制シグナルを強化します。

こうしたガンの陰謀によって、実際はガンと戦うべき免疫細胞たちは「戦わなくていいのだ」とすっかり思い込んでしまうというわけです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝