お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

環境次第でガンの味方をしてしまう腫瘍関連マクロファージ(TAM)

Treg(制御性T細胞)やMDSC(骨髄由来免疫抑制細胞)は免疫機能を制御する役割を担う代表的な細胞ですが、腫瘍関連マクロファージ(TAM)も免疫を抑制します。

マクロファージは、ヘルパーT細胞が放出するサイトカインによって単球が分化した細胞で、ガン細胞が出現すると異変を察知して、ヘルパーT細胞に連絡する役目を担っていることはよく知られています。

ところが、これは多様な細胞集団で、その形や特性、機能は、取り巻く環境により左右されます。

そして、ガン周囲のマクロファージ(TAM)は、いろいろなサイトカイン、細胞外マトリックスタンパク質分解酵素、増殖因子を分泌し、ガン細胞の増殖・転移・浸潤、血管新生を促進し、更にガン細胞を直接殺すCTLの活性化も抑制してしまうのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝