お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

発酵食品を積極的に取り入れる

体に良い脂肪酸と もう1つ、食事に積極的に取り入れたいのが、酵母菌などの働きで出来る発酵食品です。

酒や味噌、醤油、酢など、おなじみの食品の多くは、麹(こうじ)菌という酵母菌が働いています。

また、納豆は納豆菌、パンはパン酵母、ビールはビール酵母、ワインはワイン酵母が働いています。

つまり、発酵とは、こうした酵母菌をはじめとした微生物の働きによって、食物の中の糖質やタンパク質などが分解され、本来その食品には無かった新しい成分が作り出されることです。

そして、それによって栄養価が高められ、ビタミン・ミネラルが豊富な食品に変化します。

また、発酵しているということは、体内に入る前から既に消化の下準備が整っているということですから、極めて消化が良く、消化の負担が少なくて済みます。

更に、発酵食品には善玉菌が多く含まれていますから、腸内環境を整える食べ物としても注目されます。

このように発酵食品は、生の食材にはない機能を持ち合わせています。

ですから同じ量の食事を摂るなら「発酵したもの」をお勧めします。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝